大阪市の外壁塗装リフォームは地元の会社で決まり!選ぶメリットを大公開

大阪 外壁塗装

今の住宅はテクノロジーの結晶とも言え、様々な面で高性能化しています。耐震性、断熱性、いずれの点も昔の住宅よりも高いレベルです。しかし、老朽化はどうしても避けられず、やはり劣化してしまいます。
リフォームはそのために必要なのですが、どこの業者でも良い訳ではありません。大阪市の工事であれば、大阪市の業者が高品質のリフォーム工事が狙えるのです。
では、なぜ大阪市のリフォーム業者が良いのでしょうか。ここでは大阪市の会社を選ぶ優位性について取り上げたいと思います。

外壁塗装の工事の重要性

 

大阪 外壁塗装

まずは、外壁塗装リフォームの重要性について取り上げましょう。
リフォーム…と聞くとキッチンや浴室などを思い浮かべることが多いと思います。しかし、建物の外壁も定期的なメンテナンスとリフォームが必要な部分です。では、なぜ外壁塗装のリフォームは重要なのでしょうか。

なぜ外壁塗装リフォームは大切か

外壁塗装がなぜ必要か…についてですが、これは住宅の置かれる環境について想像するならば、すぐに理解が出来ると思います。
夏場の強烈な日射、容赦無く降り注ぐ風雨、どれをとっても過酷です。その様な過酷な環境に置かれると、やはり住宅は傷んでしまいます。そして、傷み始めるのは屋外にダイレクトに接する外壁部分や屋根です。
今の住宅を造る素材は非常に進歩していて耐久性も上がっているのですが、それでも環境に負けてしまい、老朽化が進んでしまうのです。
外壁塗装リフォームはその様な老朽化した外壁を再生します。新たに塗った塗装は外壁の表面を保護して、住宅の耐久性をアップさせるのです。

外壁塗装はどれくらいの頻度で必要か

次に、どれくらいの頻度で外壁塗装が必要になるかですが、環境や塗装条件にもよりますが、概ね10年を目安と考えるべきでしょう。
外壁材は高性能化をしてはいたのですが、それでも10年程度でダメージが蓄積されてしまいます。窯業系サイディングなどの場合は表面に白い粉が吹いたり、目地部分が割れたりしてしまいます。
この様な状態を避ける上でもダメージが大きくなる前でのリフォームが必要です。10年を目安に検討することをおすすめします。

外壁塗装をなおざりにした場合について

では、外壁塗装をなおざりにした場合には、どの様な弊害が発生するのでしょうか。
外壁を放置した場合、最も危険なのは壁への水の侵入です。状況にもよりますが、水は壁の内部に入り込み、中の部材を伝わります。その部材は濡れたままで放置される状態になり、部材を腐食させてしまうのです。
建物内部の部材や部品が腐食してしまうと、建物の強度が落ちてしまいます。耐震性、耐風圧などが落ちてしまい、地震や台風が襲って来た時、建物の倒壊や破壊のリスクが上がってしまうのです。

大阪市の会社を使うメリット

 

大阪 外壁塗装

大阪市の業者は、地元大阪市の様々な点に精通しています。そのため、他の地域の会社を起用するよりもメリットが大きいです。では、どの様なメリットがあるのでしょうか。

フットワークが良い

大阪市の業者は大阪市の土地に精通しています。ですから、電話で呼んだ場合にも、すぐに駆け付けてくれて、スピーディーに対処してくれます。
大阪市は大きな街で、地元以外の土地の人だと迷う可能性も高いです。ですから、必然的に対応が後手にまわってしまいます。建物のメンテナンスは意外に急がなければならない場合も少なくありません。その様な場合には、やはりフットワークの良い会社がレベルの高い仕事をしてくれます。大阪市の現場の仕事は大阪市の会社の対応が、やはり早いのです。

大阪市の街と人を知っている

工事を行う上で、その土地を知っていることは非常に重要なことです。地域に詳しければ、その土地の環境の条件にも明るくなり、ベストの施工が可能となるからです。そして、これは外壁塗装のリフォームに関しても同じことが言えます。
特に、大阪市の様な大きな街、それも住宅地や工業地など、様々な環境の地域のある街では、その土地に合わせた状況判断と施工が必要です。そして、その状況判断は大阪市の街を知っている業者でなければなりません。
また、街に住んでいる人たちの人柄を知っておくことも必要です。リフォーム工事は確かに住宅を相手にする仕事ではあるのですが、近隣の住民への配慮も忘れてはいけないからです。そして、近隣住民との良好な関係のためにも、地元の大阪市の業者がおすすめなのです。

対応が臨機応変

地元の大阪市を知っている業者は対応も臨機応変です。
リフォーム工事は新築住宅の施工よりも柔軟性が求められる場合が多いです。例えば、新築の場合は図面などの仕様書がしっかりと揃っている上での施工であるのに対し、リフォームは現物合わせの工事が多いからです。
そのため、現場が想定外の仕様であることも意外にあり、その度に現場に合わせた工事を検討しなければなりません。そして、その時に地元の大阪市の街を知っている強みが出ます。業者のネットワークを通して、最善の施工で対応可能なのが大阪市の業者とするメリットなのです。

大阪市を知らない業者が工事をした場合

 

大阪 外壁塗装

では、大阪市を知らない業者が工事を担当した場合、どの様なリスクを抱えることになるのでしょうか。

トラブル発生時の動きが遅い

まず挙げられるのが、トラブル発生時の動きが遅くなるリスクです。
工事は万全を期して行われますが、やはりトラブルに遭遇するリスクは避けられません。そのため、トラブル発生時のフットワークが業者の良し悪しに繋がるのですが、大阪市の街を知らない業者が対応したら、対応が遅くなる可能性が出て来ます。
例えば、大阪市を知らない業者の場合、地理や環境もあまり知らないため、適切な施工が出来ないケースもあり得るのです。

工事の質が悪くなる場合もある

現場の環境を知らないことは、リフォーム業者にとっては大きな悪条件です。外壁塗装リフォームの場合は、日射や温度状況などに加えて、周辺地域の道路状況、地理状況なども関係して来ます。いつも混雑している道路の近くだと、排気ガスなどの影響を受けるかも知れません。また、近くに工業地帯などがある場合にも、排気ガスなどの悪影響もあり得るのです。
これらの条件を加味してリフォームの仕様を決定するのですが、大阪市を知らない業者の場合、環境を見誤るリスクがどうしても発生してしまうのです。つまり、工事の質が悪くなる可能性もあるのです。

近隣住民への配慮が乏しくなる場合がある

リフォーム工事をする上で、意外に大切になるのが近隣住民との関係維持です。リフォーム工事、特に外壁塗装の様な足場を組む工事においては、近隣の住民に不安感を与えることもあり得ます。近隣としては塗装の飛沫などが飛んで来ないか、遅くまでうるさく無いか、などと言った不安を覚えるものです。
そのため、近隣住民対策が重要となるのですが、この時、「大阪市に住む人を知っている」ことが重要です。しかし、大阪市以外の業者の場合、近隣住民の慣習や考え方などを十分に理解していない場合もあり、配慮が乏しくなる可能性すらあるのです。

まとめ

外壁塗装リフォームについて、大阪市の会社を使う必要性などを挙げてみました。地元大阪市の会社への依頼が多くのメリットを持つことを把握出来たことと思います。
前にも挙げた様に、外壁塗装は家屋にとっても大切な部分でなため、確実な施工が必要です。そのため、現場に詳しい大阪市の会社がおすすめです。リフォームの時期が来た際には、ぜひご相談ください。

アドバンスクリエイト
弊社アドバンスクリエイトでは、

「住む人の夢を叶える、住まいづくり。」を理念においた、地域密着型の会社です。近畿圏内のリフォームは全力でお手伝いします。

✔知識が少ない営業マンではなく、職人が見て、しっかり見積もりを行ってほしい。
✔リーズナブル価格で希望したい。

そんな方は、是非一度弊社に問い合わせ下さい。
まずは、お気軽にLINEもしくはお問い合わせフォームからご相談下さい。

▼アドバンスクリエイトLINE

友だち追加

▼お問い合わせフォーム
https://advancecreate2020.com/contact/

 

PAGE TOP