ここまで使える!台風の際の屋根修理の補助金について全て解説

日本は「台風の国」と呼ばれても過言では無いくらいに台風が襲来しています。しかし、日本の建築物はその様な状況にあっても倒れること無く、生活する人を守っています。
ただ、そうは言っても「想定以上の台風」も襲来することは確かです。そして、大きな爪痕を残して行きます。
その様な災害を被った場合、台風の被害を受けた場合に受けられる補助金があることをご存じでしょうか。しかも、その補助金のレベルは低い訳では無く、被害を受けた人にとって大きな助けとなるのです。
そこで、ここでは台風によって、特に屋根が被害にあった場合の補助金について紹介します。

台風が危険な理由

台風 危険

最初に昨今の台風の状況と、台風の屋根に作用するメカニズムについてお伝えします。

台風被害が深刻になっている

住宅は法律をはじめとした多くの基準によって建てられています。先に挙げた防火性や耐震性にも基準があり、その基準に準拠して建材は考えられているのです。台風に関しても基準があります。
その基準は過去の災害の例によって決められて来た経緯があります。例えば、室戸台風伊勢湾台風枕崎台風など、歴史を見ると巨大な台風が日本の国土に押し寄せました。しかし、建築基準はそれを参考に作られて、自然の驚異に晒されても被害を受けない様に考えられています。
ところが、昨今になって、台風のレベルが上がり、従来の基準では対応し切れなくなりました。その結果、住宅の被害が深刻化する様になってしまったのです。

台風の作用について

ここで、台風が屋根に及ぼす影響について触れたいと思います。
風は建築物に当たると、実に様々な方向に影響します。風が直接当たる部分では押す力が発生しますし、当たらない部分であっても引っ張る力が発生するのです。
屋根についても同じことが言え、屋根の形状と風向きによっては押す力だけでなく剥がす力も発生します。そして、屋根を剥がす力が屋根の強度を超えた場合に、屋根が飛ばされてしまうのです。
尚、台風の強さと屋根に掛かる力は必ずしも相関関係があうとは限りません。と言うのも、風圧力を測定するのは地域の観測施設であって、飛ばされた屋根の地点では無いからです。風の影響は建物の形状だけでなく、地形なども作用するからです。

屋根修理の補助金について

台風 補助金

では、屋根が飛ばされた場合の補助金にはどの様な物があるのでしょうか。

災害救助法に基づく支援

災害救助法」という法律があります。これは災害により住宅が多数被害を受けた場合などに適用される法律です。適用の良い例としては、災害時に避難所や仮設住宅の供与や炊き出しなどの給食、そして給水車などによる給水があり、この法律の中に被災住宅の応急修理が含まれているのです。
ただし、この法律が適用されるためには基準があります。代表的な例で言えば自治体の人口に対する住宅滅失の度合いによって変わって来ます。

被災者生活再建支援金

災害救助法とは別の制度です。これは暴風、豪雨、豪雪、洪水、高潮、地震、津波、噴火などによって住宅が被害を受けた場合が対象となります。
この支援金は状況にもよりますが100万円のレベルになります。知らないでいると非常に損をしてしまう制度と言えるでしょう。

災害見舞金

災害見舞金は行政や企業が出す費用です。台風や地震などにより被害を受けた人の支援を目的とした制度といえます。状況にもよりますが、支給額が数百万円レベルにも上る制度です。
ただし、これも制度を知らないでいると受けられない事態もあり得ます。しっかりと確認しておきましょう。

災害援護資金

災害援護支援法という法律があります。これは災害で住宅や世帯主がケガをした場合の貸付制度で350万円まで可能な制度です。ただ、この制度は所得制限があるため、全員が受けられるとは限りません、
ただ、貸付ではありますが350万円の費用は存在が大きいです。使わない手はありません。

火災保険

災害に関して考えるならば火災保険の存在も忘れてはいけません。火災保険は火災発生の時に補償が下りると思われがちですが、火災だけでなく様々なアクシデントに対しても対応します。
火災保険は住宅の屋根に関しても適応されるのですが、ケースによっては適用されない場合もあります。例えば老朽化あ進んでいた場合には、補償は満額支払われるとは限らず、状況を確認されてからともなり得ます。

*もし、台風による補助金の適用が可能か判断してほしい場合は、アドバンスクリエイトまでご連絡ください。

迅速に、出来る範囲のサポートをさせて頂きます。

▼お問い合わせフォーム
https://advancecreate2020.com/contact/

お電話でも可能です。
▼電話番号
06-6718-6074

台風の補助金で気を付けるべき点

台風 補助金

以上の様に、台風発生による屋根被害においても様々な補助金制度があることが分かったと思います。ただ、これを受けるにあたってはいくつかの点で注意が必要です。ここでは補助金制度を受けるに当たっての代表的な注意点を挙げてみましょう。

補助金は申請しないと受けられない

前述の様に補助金制度をトータルで見るならば非常に手厚い様にも思えるかも知れません。しかし、それらは自動的に来る物ではありません。基本的には申請が必要なのです。また、執り行っている機関も違います。ある物は行政だったり、またある物は企業だったりするからです。
なので、災害で襲われる前、つまり平常時の内から支援制度のことをしっかりと確認しておくことが非常に大切です。

補助金詐欺に注意

行政からの補助金を巡っては詐欺が横行する物です。住宅に関する物も例外では無く、いくつもの被害が見られます。
例えば、「行政からの補助金が出るから屋根はタダで治せる」と聞いて修理をして、費用を払った支払った後で「その破損は適用外だった」などと言う例があります。騙されてからでは遅いので、気を付ける様にしましょう

適用範囲を確認しておく

補助金制度は非常に助かる制度なのですが、何でも適用出来るとは限りません。ある物には適用可能で別な物には適用出来ない…といったことが意外にあるものです。
国や自治体、そして勤務先や火災保険の契約内容を確認し、適用範囲などをしっかりと押さえておきましょう

対象外になる場合もある

補助金制度は行政や企業から出される費用です。ですから誰でも受けられる訳ではありません。基準があり、それにクリアしていなければならないのです。
次に挙げるのは保証金制度の対象外になる代表的な例です。

・税金の滞納
・暴力団と関わっている場合
・住むことが目的でない場合

保証金は基本的には税金から捻出されるので、税金の滞納がある場合には適用から外れる。暴力団絡みの場合は反社会勢力とされるから制度を受けられない。そして住むことが目的でない建物、例えば倉庫などは住宅では無いから適用外。と言った具合です。
ただし、火災保険の場合には、契約の中の細則や状況によっては個別に扱われる場合もあります。契約書でハッキリしない記述のある場所、特に「など」という文言が使われている場合には、その文言がどこまでカバーしているかの確認が必要です。しっかりと確認しておきましょう。

まとめ

台風の屋根修理の補助金について、昨今の台風被害の話からはじめて、制度を受けるための注意点などについて述べました。全体の流れと受けるための条件などについてもイメージが出来たことと思います。
台風災害の補助金も「知識」や「情報」が物を言うことも理解出来たかと思います。日頃の防災の備えに、前述の制度が利用出来る条件や方法を書いて入れておくのはどうでしょうか。きっと、イザという時に役立ちます。もし、緊急を要している方や、適用範囲の確認が複雑で分からない場合、一度弊社アドバンスクリエイトへご連絡ください。

アドバンスクリエイト

弊社アドバンスクリエイトでは、

「住む人の夢を叶える、住まいづくり。」を理念においた、地域密着型の会社です。近畿圏内のリフォームや、住宅のお悩みは全力でお手伝いします。

✔知識が少ない営業マンではなく、職人が見て、しっかり見積もりを行ってほしい。
✔リーズナブル価格で希望したい。

そんな方は、是非一度弊社に問い合わせ下さい。
まずは、お気軽にLINEもしくはお問い合わせフォームからご相談下さい。

▼アドバンスクリエイトLINE

友だち追加

▼お問い合わせフォーム
https://advancecreate2020.com/contact/

 

PAGE TOP