【飲食店用】HACCP(ハサップ)について・HACCP導入を簡単にする方法を解説!

HACCP 飲食店

 

伝染病や食中毒を防ぐ為に、日本でもHACCPが義務化することになりました。
今回は飲食店にとってのHACCPシステムについてHACCPシステムを飲食店が簡単に導入出来る部分についてお伝えします。

 

HACCPシステムについて

さて、最近聞く言葉にHACCPと言う用語があると思います。これは食品などの管理の方法なのですが、どの様な物なのでしょうか。

食品を管理する上での手法

HACCPを簡単に説明するならば、「食品の安全確保のための管理手法」と言うことが出来ます。
食品は家庭に届けられるまで様々な経路を通りますが、その経路全体において衛生がキープされなければなりません。そのためには食中毒の危険要因を把握した上で、その物質の混入を防ぐことが必要です。そして、その管理手法がHACCPなのです。

HACCPは法的にも決まっている

HACCPは法的にも決まっています。これは令和3年6月から始まるルールで、原則的には「すべての食品事業者」に義務付けられます
厚生労働省の資料を見ると、事業規模などによって「HACCPに基づく衛生管理」と「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」には分けられますが、従来の管理よりも厳しくなっているのです。

飲食店はHACCPシステムを簡単に導入出来るか

HACCP 飲食店

ここで、HACCPの小規模業者への導入…特に飲食店での対応について考えてみましょう。

HACCPキーワードは「接触」

先にも挙げた様に、病気を防ぐためには感染経路への対策が重要となります。そして、特に新型コロナの様な例で言えば、飛沫感染と接触感染を防ぐことが大切になるでしょう。
それでは飲食店の様な業者はどの様な対応をすべきでしょうか。
これは、やはり「接触を可能な限り防ぐ」ことが具体的対応の大きな柱となることでしょう。つまり、食品を扱う設備などを介して伝染しない様にすることです。そして、そのためには接触をしない様な環境造りが非常に大切になるのです。

HACCPシステム導入のポイント

それではHACCPにはどの様なポイントがあるのでしょうか。
これには様々な項目があります。例えば。作業場から直接トイレに出入り出来ない構造とすることや、作業場に入る際には長靴の殺菌槽を通ることなどが盛り込まれています。
そして、「接触」に関する項目もあります。
例えば。作業場の入り口は自動ドアなどドアノブに直接触れなくても開閉が可能な物、そして手洗い設備は自動水栓や足踏み式など、直接手で触れなくても良い構造にするなどがあるのです。

格安!手洗い設備の自動水栓

自動水栓が飲食店にはおすすめ

飲食店のレベルでもドアなどの改良は必要ですが、手っ取り早く改良が出来るのが水栓です。
そして、それには非接触タイプのセンサータイプの物が手っ取り早く、実用的でおすすめです。と言うのも足踏み式は構造が大きくなるために施工性が悪く、費用が高くなるからです。
では、センサー式の水栓にはどの様な特徴があるのでしょうか。

非接触で水が出る

水栓の条件として非接触とありますが、センサー式の物は手を近づけるだけで水が出ます
そのため、別の従業員が水道を使用したとしても、水栓を介して人と人との接触が防げるため、非常に衛生的です。
また、無駄な水を流すことも少なく、節水の効果もあります。
尚、動作に関しては電池が別途に必要になりますが、日常の手入れとして交換してやれば問題は発生しません。

耐久性に優れる

このタイプの水栓は耐久性に優れます。
例えば足踏み式の場合はペダルを踏む操作が必要になるため、構成部品の摩耗は避けられません。素材と素材が接触して動く場合にはどうしても摩擦が発生し、削れて行くのです。
しかし、センタータイプの場合には、そもそも接触が一切無いので、削れる部分がありません。そのため、耐久性が大きく上がり、長期間の使用に耐えれるのです。

設置コストもあまり掛からない

設置コストを考える場合も有利です。
足踏み式の場合はペダルから水栓の部分まで、機械式の伝達部品が必要になります。そして、それを設置するためには水道まわりの大きな改造をしなければなりません。そうなると、工事してくれる人も呼びますから、決してリーズナブルではありません。

しかし、センサー式の場合は工事が蛇口まわりだけで済みます。ご自身で出来るような、小規模で済むのです。そのため設置コストが抑えられるメリットが発生するのです。

下記の商品だと1万円未満の7,830円です。7,830円で水回りのHACCP対応が可能ならば、思ったよりもコストはおとせるのかなと思います。

HACCP 飲食店 トイレ

 

まとめ

HACCPについて、そして飲食店の対応について述べて来ました。水栓についての対応とセンサー式の物がおすすめであることが分かったことと思います。
そして、この対応は早い段階が望まれます。と言うのもコロナの問題は依然として待った無しだからです。しかも、その感染経路はどこになるか分かり得ません。
工事や手間がかかるものはお金もかかりますが、ご紹介したものはご自身でも取り付けが可能で手軽にHACCP導入を進めれることが出来ます。飲食店経営は安全の上に成立していますので、雑菌が繁殖しやすい「水回り」からHACCP導入を進めていきましょう。

「ハサップを機会に、店の設備を非接触型に変更したい」
「衛生的に見えるトイレにしたい」
「この店はリフォームも必要かな?必要無いかな?」

とお悩みの飲食店様は、一度弊社アドバンスクリエイトまでご相談ください。
弊社では飲食店様のリフォーム、設備デザイン実績から、現在抱えている飲食店様の店舗設備の悩みにお答えできます。

▼アドバンスクリエイト実績

【飲食店舗】新装工事や外壁塗装の実例をご紹介!

飲食店様の「なりたい店舗イメージ」に沿って設備やデザインを無料提案いたします。

まずは、お気軽にLINEもしくはお問い合わせフォームからご相談下さい。

▼アドバンスクリエイトLINE

友だち追加

▼お問い合わせフォーム
https://advancecreate2020.com/contact/

 

PAGE TOP