費用も工事もスマートに、窓リフォームのカバー工法について解説

窓 カバー工法

窓は家の中でも、外と直接つながっている部分の為「防犯性を高めないといけない箇所」です。そんな窓ですが、

・昔の窓と今の窓は違うの?

・窓は工事する必要があるの?

と思っていらっしゃる方へ、今回は窓リフォームについて、そしてリフォームの手段としてポピュラーになって来ているカバー工法について紹介したいと思います。

昔の窓と今の窓

昔の窓と今の窓

まずは昔の窓と今の窓を比較してみましょう。細かく見て行くと多くの項目が挙げられるのですが、ここでは代表的な物に絞って取り上げます。

断熱性

夏場と冬場の寒暖の差は非常に大きく、室内の気温も大きな影響を受けます。そして、それは窓を介している場合が多いです。壁や床、屋根などには断熱材を入れることは可能なのですが、窓の断熱化は意外に難しく、最近発展した技術なのです。
実際、昔のアルミサッシはアルミ材にガラスをはめ込んだ窓のレベルでしかありませんでした。熱は窓を通して出入りするので、対策があまり取れていなかったのです。
しかし、今では窓ガラスにしろサッシ枠にしろ、様々な工夫が施され、断熱性が非常に向上しています
例えば、今の窓ガラスには真空ガラスがあります。これはガラスを2枚合わせ、その間に真空の層を設けている物です。ガラスの場合、熱は伝導によって伝わりますが、このガラスの場合には熱がガラスの反対側に移ることはほとんど無いのです。

遮音性

建具はドアにしろ窓にしろ遮音性は大切です。遮音性の確保が無ければ騒音に悩む部屋になってしまったり、室内の会話が聞こえてしまい、プライバシーも守れなくなってしまうからです。
昔の窓ガラスは今よりも仕様的にも劣ってしまい、音も今よりも通していました。しかし、今の窓は複層の物まで登場し、防音効果もアップしています。
また、更に上手の物は先に挙げた真空ガラス。音は空気を伝わる振動とも言えるのですが、真空ガラスには音を伝える空気そのものがありません。そのため、非常に防音性に優れるのです。

防犯性

窓の大きな課題に防犯性がありました。と言うのも窃盗犯の多くが窓を破って住宅に侵入したからです。しかし、昔のガラスは破られることが多くありました。
窃盗犯のガラスの破り方の多くは少し特殊です。サッシの錠の部分を少し割り、その部分から手を差し込んで錠を開ける手口が多いのです。
今の窓ガラスはどうかと言うと、確かにガラスの性質上「割れやすい」という弱点は残してはいますが、2枚のガラスに特殊なフィルムを仕込んであり、手を差し込みにくくしてあります。そのため、手を差し込むことは困難で、窃盗犯から家を守ることが可能なのです。
また、錠の仕様も変わって来ています。昔のサッシの錠は中間に1つ付いているくらいであり、その部分が破られるとアウトでした。しかし、今の錠は外からは開けにくくなっていて、しかも錠は2か所に付いている物もあります。この様に、複数の手段で防犯性を上げていて、昔の物より格段に上なのです。

窓リフォームの必要性と工事について

以上のことから昔の窓と今の窓の違いがイメージ出来たことと思います。
ここでは、窓リフォームについて触れ、その上で工事について解説して行きましょう。

窓リフォームについて

前にも述べた様に、昔の窓と今の窓では性能が違います。そして、今の窓に交換することによって様々な性能が上がることも想像が付くことと思います。
そのため、窓のリフォームはそれらの性能向上に繋がるため、生活を快適に、そして安心してするためにも必要になることも分かったこととも思います。

ガラス交換と窓交換

窓の交換が難しいならば、窓ガラスを交換すれば良いと考える人も多いと思います。確かに窓ガラスを交換すれば様々な点で窓の性能は向上します。しかし、それが最善と言う訳ではありません。と言うのも、サッシのアルミの部分が残っているからです。
実はアルミは熱を通しやすい性質を持ちます。そのため、窓ガラスを変えたとしてもサッシ部分から熱の移動が起こってしまうのです。

サッシ枠は簡単には外れない

窓のサッシの交換は実は簡単ではありません。窓枠が建物の構造材にしっかりと固定されているので、簡単では無いのです。
窓サッシは住宅の構造材に設置され、その上からシーリングされています。そのため、サッシ枠を外すためにはこれらの構造部分にメスを入れる必要もあり、工事が難しくなり、大変なのです。
ちなみに、サッシ枠をそのままにして、窓だけを交換すれば良い…と思う人もいるかも知れません。しかし、窓サッシには枠と窓は組み合わせが決まっているため、古い仕様の窓枠と新しい仕様の窓の組み合わせは難しいのです。仮に強引に取り付けたとしても、気密性や水密性が落ちてしまうことが考えられます。つまり、隙間風が入り込んだり、台風の時に雨水が入り込みやすくなるのです。

カバー工法が広まる

その状況を変えたのがカバー工法です。
この工法は、既存の窓枠の上に新規の窓枠を設置する工法で、ちょうど新規の窓枠で古い窓枠をカバーするイメージとなります。
この工法を取れば、既存の窓枠を外す必要が無くなります。そのため、工事も簡単になります。
そして、この工法は窓リフォームで広まっています。と言うのもカバー工法には大きなメリットがあるからです。

カバー工法のメリット

カバー工法 窓

では、カバー工法のメリットにはどの様な物があるのでしょうか。

費用が抑えられる

まず挙げられるのがリフォームの費用削減です。
前にも述べた様に、窓枠の設置は大変です。既存の窓枠を外すために窓まわりの部分の工事も発生するからです。しかも、その工事は難易度が高く、間違って施工すると壁の内部に水が入り込むリスクさえ生まれます。
仮に壁の内部に水が入り込んでしまうと、壁の内部の断熱材に悪さをしたり、カビなどの発生にも繋がります。水の侵入は危険なのです。
しかし、カバー工法ならば施工も簡単。そして、それだけ費用が削減されます。工事の手間が省けることは、工事コストの削減にも繋がるからです。

工事が早く終わる

リフォーム全般に言えることですが、工事が早く終わることは非常に重要です。仮に時間が掛かってしまうと、それだけ生活に支障が出るからです。例えば、冬場の寒い日に数日に渡って窓が不完全だったらどうでしょうか。それだけ寒い思いをしなければならなくなります。
その一方で、施工が簡単で早く終わるならば、その様な不具合から解消されます。冬場での工事であってもスピーディーに工事が終わるため、不便な期間を削ることが可能なのです。

まとめ

窓ガラスのリフォームについて、その必要性と施工について紹介しました。
また、カバー工法の有用性についても取り上げました。これにより、今の窓のリフォームが性能の向上と施工の手間の短縮が両立していることが分かったことと思います。
住宅は古い物でもリフォームさえ続ければ、まだまだ現役で使える物が多いです。これらの建物の性能アップの一環としても、窓リフォームは大きな意味を持ちます。ぜひとも検討しましょう。

アドバンスクリエイト

 

弊社アドバンスクリエイトでは、

「住む人の夢を叶える、住まいづくり。」を理念においた、地域密着型の会社です。近畿圏内のリフォームは全力でお手伝いします。

✔知識が少ない営業マンではなく、職人が見て、しっかり見積もりを行ってほしい。
✔リーズナブル価格で希望したい。

そんな方は、是非一度弊社に問い合わせ下さい。
まずは、お気軽に下記からご相談下さい。

▼お問い合わせフォーム
https://advancecreate2020.com/contact/

お電話も受け付けております。
▼電話番号
06-6718-6074
「ホームページを見てご相談です」とお気軽にご連絡ください。

 

PAGE TOP