【全国規模と地域密着】大阪の屋根工事はどっちがおすすめ?

大阪 屋根工事

家の工事をどこの会社に任せるべきかは、多くの人が迷うことだと思います。

その中で、大阪の街は様々な工事会社が並ぶ地域です。しかも全国規模の会社から大阪の地に根差した会社まで、様々です。
では、大阪で屋根工事を依頼する場合、全国規模の会社に依頼すべきでしょうか?
それとも大阪の地場に根差した会社に頼むべきでしょうか?ここでは、どちらが優勢かについて考えてみます。

この記事を読むことによって、大阪の屋根工事の内情について詳しく知ることが出来るので要チェックです!

屋根破損の主な原因

大阪 屋根修理

会社選びの前に、屋根破損の主な原因について理解しておきましょう。

屋根破損の原因①風

風は物理的な悪影響としては最も過酷な物の1つです。
さて、風が吹くと屋根には2種類の力が働きます。「下に押し付ける力」と「上に剥がす力」です。

この力、両方とも非常に強力なのですが、破損させるのは剥がす力の方です。
その深刻さをテレビの報道などで見ることもあるかと思います。

突風の被害がニュースなどに出ることがありますが、多くの場合は「屋根が飛ばされた爪痕」として出て来ます。
これは屋根が剥がされた結果、つまり下から吹き上げた風による被害の跡なのです。

屋根破損の原因②日射

日射も屋根に大きな悪影響を及ぼします。「熱」と「紫外線」です。
屋根の受ける熱を考えてみると、その過酷さは想像に難しくありません。

自動車の運転席が50℃レベルになるとも言われますが、屋根もそれくらい、もしくはそれ以上の悪条件に晒されます。そして、熱は老朽化を促進させてしまうのです。

また、「紫外線」も深刻です。紫外線は屋根材の塗装部分にダメージを与えるからです。
屋根材の塗装部分が劣化してしまうと屋根部分に水が浸入しやすくなります。

そうすると屋根材を固定しているネジやクギ、そして接着剤などを劣化させてしまい、強度の低下を招いてしまうのです。

屋根破損の原因③雨水

雨水も屋根材に悪影響を及ぼします。特に問題となるのが金属腐食です。

屋根はあまり目立たないかも知れませんが、意外に金属の部品が使われています。例えば、ネジやクギなどがあります。
ネジやクギは基本は鉄製なので、腐食には弱いです。

しかも最近の雨は酸性雨の問題も含んでいますので、金属にとっては更なる悪条件とも言えるのです。
ちなみに、ネジやクギが腐食すると強度が著しく落ちてしまいます。

屋根工事の内容

大阪 屋根工事

次に主な屋根工事について挙げてみましょう。

屋根工事を行う際に、どのような工事をされるのか念の為把握しておきたい人は必読です。

屋根工事の内容①塗装

住宅の屋根には日射や紫外線が容赦無く降り注ぎます、そこで最初にダメージを受けるのは屋根の塗装の部分です。

この塗装劣化の場合、屋根メンテナンスとしては再塗装での対応となります。
再塗装をすれば屋根材の塗膜による保護が復活し、長く使えるからです。

また、塗装が必要となる時期にはシーリング部分も傷んでいることも多いです。雨漏りなどの防止のため、この部分もメンテナンスが必要。多くの場合はシーリング部分のメンテナンス工事は、塗装工事と併せて行われます。

屋根工事の内容②屋根材カバー工法

屋根材の老朽化が進んでしまい、塗装工事だけでは復旧が難しくなると、新規の屋根材を既存の屋根材の上に張ります。

この工事は「カバー工法」と言われる物でコストを抑えながら屋根を新しくする点が大きなメリットの工事です。
また、カバー工法は短い工期で完了する点が魅力です。

ただ、カバー工法はすべての屋根に使える訳ではありません。
例えば、瓦屋根の場合はカバー工法は出来ません。スレート屋根などに限定されてしまうデメリットがあります。

屋根工事の内容③屋根材葺き替え

屋根材の痛みが進行し過ぎた場合、既存の屋根材を撤去して新たな屋根材を張る工事が行われます。

これが葺き替え(ふきかえ)と言い、葺き替えは屋根を完全に一新し、工事は屋根材の下の防水部分まで行われるので完全なリニューアルとも言えるでしょう。

また、瓦屋根の場合、瓦葺きからスレートなどに葺き替えると、住宅の耐震性がアップします。これは屋根材の重量によるものです。
瓦屋根とスレート系の屋根を比較すると重量に大きな差があります。

そして、住宅の耐震性は建物の重量に密接に関係があり軽い方が耐震性で有利です。そのため重い瓦屋根から、軽いスレートに変えると耐震性がアップするのです。

屋根工事の内容④雨樋(あまどい)工事

雨樋(あまどい)が住宅の外壁の保護に役立つのは、意外に知られていないことと思います。

屋根に降った雨水を集めて排水するのが雨樋の機能です。これを逆に言うならば、雨樋が無い場合には、雨水は軒下を伝わって外壁を汚すことにもなり得るのです。

そうすると家の美観を損ない、場合によっては雨水が外壁の老朽化を促進させてしまいます。
雨樋はプラスチック製の物も多く、日射や雨水で老朽化します。そのため、メンテナンスの工事が必要なのです。

大阪の会社が有利な理由

大阪 屋根工事

さて、冒頭で全国規模の会社と大阪に根差した会社どちらが優勢かについて述べました。
結論を言いますと、大阪の会社に軍配が上がります。ここでは、その理由について取り上げてみましょう。

大阪の気候・風土を知っている

まず挙げられるのが、大阪の気候や風土を知っている点です。
住宅の工事において気候や風土を熟知していることは非常に大きいと言えます。

理由は、住宅の屋根部分は日射などによって老朽化の具合が違い、最適な工事もケースバイケースだからです。これを仮に的外れな工事をしてしまうと、質がよく無い工事にもなり得ます。

その点、大阪の会社は地域の日射などについても熟知しているので、その家に合った最適な工事をしてくれます。
出来上がる家は高性能となる可能性が高いです。

仕事が早い

住宅の修理が任せられる会社の条件に「仕事の早さ」が挙げられます。仮に仕事が遅れてしまうならば、それだけ不便を強いられてしまいます。

この点で全国規模の会社と大阪の会社を比較すると大阪の会社が優勢です。
大阪の会社は独自の横のネットワークを持っていて、資材や職人など手配は非常に早いです。

この仕事のスピードは非常に魅力的で、安心して仕事を任せられるのです。

また、大阪の会社は地場に大きな人脈があります。
その点で全国規模の会社よりも有利で、家造りにおいて何枚も上手なのです。

適格なアフターメンテナンスを受けられる

家造りは「建てて終わり」と言う訳ではありません。アフターメンテナンスも含むのです。
家のアフターメンテナンスは、家の置かれた環境について知っていることが重要な条件と言えます。

例えば日射や粉塵などは地形や周囲の環境によって、屋根の受けるダメージも違います。
その部分で熟知しているのが、大阪の会社と言えるのです。
その様な条件があるので、大阪の会社はアフターメンテナンスの面でも有利で、安心して工事を任せられるのです。

まとめ

住宅の屋根は環境条件によって意外に大きく左右されるナイーブなものです。大阪の会社は、その部分まで知っていますので、安心して工事を任せられます。

トラブルがあった場合には、迷わず相談することをおすすめします。
アドバンスクリエイト

弊社アドバンスクリエイトでは、

「住む人の夢を叶える、住まいづくり。」を理念においた、地域密着型の会社です。近畿圏内のリフォームは全力でお手伝いします。

✔知識が少ない営業マンではなく、職人が見て、しっかり見積もりを行ってほしい。
✔リーズナブル価格で希望したい。

そんな方は、是非一度弊社に問い合わせ下さい。
まずは、お気軽にLINEもしくはお問い合わせフォームからご相談下さい。

▼アドバンスクリエイトLINE

友だち追加

▼お問い合わせフォーム
https://advancecreate2020.com/contact/

 

PAGE TOP