飲食店の内装工事にかかる費用相場とは?費用を安くするコツと合わせて解説

飲食店内装 安い

飲食店を開業するにあたって、内装工事が必要となります。しかし、内装工事にかかる費用がわからずに心配する方は少なくありません。

この記事では、飲食店の内装工事にかかる費用相場を解説します。また内装工事を安くするコツまで紹介するので、ぜひ参考にしてください。

飲食店の内装工事にかかる費用相場を紹介

飲食店の内装工事にかかる費用相場は、90万円~180万円です。内装工事の内容や使用する内装材によって必要となる工事が異なるので、価格差が大きいのが特徴です。

また飲食店の業態によっても、内装工事費用が異なります。以下に、業態ごとにかかる費用相場をまとめました。

(スケルトンの場合)

業態 費用相場
カフェ 30万円~50万円
レストラン 50万円~70万円
焼肉店 100万円~150万円
和食店 60万円~80万円

和食店の内装工事は、カフェやレストランの費用相場に比べて高額です。和食店は提供する料理に合わせて、雰囲気まで演出する必要があります。内装材や家具にこだわる必要があるため、内装工事にかかる費用も高額になってしまうでしょう。

飲食店の内装工事はスケルトン物件か居抜き物件かで大きく異なる

飲食店の内装工事は、スケルトン物件か居抜き物件かで大きく異なります。スケルトン物件とは、前に入っていたテナントの設備や内装がすべて撤去された物件のことで、一から内装工事が必要となります。

一方で居抜き物件とは、前に入っていたテナントの設備や内装が残っている物件のことです。内装の状態やデザインに問題がない場合は、そのまま活用することで内装工事費用を抑えられます。居抜き物件の費用相場は、以下の通りです。

(居抜き物件の場合)

業態 費用相場
カフェ 20万円~30万円
レストラン 20万円~40万円
焼肉店 20万円~40万円
和食店 30万円~50万円

特に焼肉店や和食店の場合は、スケルトン物件に比べて費用相場が大きく異なります。そのため内装工事費用を抑えるためには、居抜き物件を見つけることがおすすめです。

飲食店の内装工事を安くするコツを紹介

他にも飲食店の内装工事費用を抑える方法があります。以下では、内装工事を安くするコツを3つ解説します。

設計施工を行ってくれる内装工事会社に依頼

飲食店の内装工事費用を安く押さえるためには、設計施工の両方を行える内装工事会社に依頼がおすすめです。設計施工の両方を行える内装工事会社に依頼することで、全体的な費用を抑えることができます

たとえばデザイン設計会社に依頼する場合は、デザイン設計業務しか担当していないので施工会社を別に依頼する必要があります。複数の業者に依頼することで、全体的な費用が膨らんでしまうのです。

一方で設計施工の両方を行える内装工事会社は、複数の業者に依頼する必要がありません。一つの会社で一括発注できるので、全体的な費用を抑えることが可能です。

同じ飲食店の居抜き物件を見つける

飲食店の内装工事費用を大きく抑えたい場合は、前のテナントが同じ飲食店の居抜き物件を見つけることです。前のテナントが同じ飲食店は、内装デザインがそのまま使える場合があります。新しく内装工事する必要がないので、費用を大きく抑えることができます。

ただし、居抜き物件を見つける際は注意が必要です。たとえ内装デザインに問題がなくても内装材自体が劣化している場合があります。

内装材自体が劣化していると、結局内装工事が必要となるので居抜き物件を見つける意味がありません。居抜き物件を選ぶときは、必ず内装の劣化具合を確認しましょう。

複数の業者から相見積もりをとる

複数の業者から相見積もりをとる方法も、飲食店の内装工事を安くするコツです。複数の業者から相見積もりをとることで、相場を把握することができます。また業者ごとに価格競争させることで、値段交渉を有利に進められます。

ただし、価格競争する際は見積もり書の内容に注意してください。業者によっては見積書の項目が曖昧な表現の場合に、後々追加費用を請求される恐れがあります。そのため費用相場よりも圧倒的に安い業者は選ばないようにしましょう。

飲食店の内装工事を行う際の注意点

ここまで飲食店の内装工事を安くするコツを紹介しました。ここでは内装工事を行う際の注意点を2つ解説します。

事前に内装工事の予算を決めておく

内装工事を行う際は、事前に予算を決めておくことが大切です。自分のお店を開業するとなると、どうしても内装にこだわりたくなります。しかし、こだわるほどに内装工事にかかる費用は膨れてしまうのです。

そのため内装工事費用の見積もりを取る際は、事前に予算を決めてく必要があります。特に和食店の開業を予定している方は、高級な家具や内装材を用意する必要があります。予算オーバーとならないように事前に予算を決めて業者に伝えましょう。

内装工事費用はローンが組めない

内装工事費用は、施工業者との契約時・中間時・引き渡しの3回に分けて支払うのが一般的です。ローンを組んで支払うことができないので、引き渡しまでに全額用意する必要があります。知らずに資金調達が行われていないと、工事の開店日の計画が遅くなってしまうでしょう。

開店日の計画を予定通りに進行させるためにも、あらかじめ資金調達する必要があります。ちなみに現金払いが難しい場合は、公的融資や民間融資で資金調達が行えます。

内装工事を安くして飲食店の開業にかかる費用を抑えよう

飲食店内装 安い

飲食店の内装工事の費用相場は、90万円~180万円でした。また内装デザインや家具によって費用相場が異なるので、業態によっては高額になる場合があります。そのため内装工事費用を安く抑える必要があります。

特に同じ飲食店の居抜き物件を見つけることで、大きく内装工事費用を抑えることが可能です。他にも複数の業者から相見積もりをとって交渉することで、費用が抑えられますからぜひ挑戦してみてください。

「内装工事をもっと安くしたい」

「飲食店の内装を熟知している工務店に依頼したい」

とお悩みの飲食店様は、一度弊社アドバンスクリエイトまでご相談ください。
弊社では飲食店様の新装工事、リフォーム、デザイン実績から、現在抱えている飲食店様の店舗設備の悩みにお答えできます。

▼アドバンスクリエイト実績

【飲食店舗】新装工事や外壁塗装の実例をご紹介!

飲食店様の「なりたい店舗イメージ」に沿って設備やデザインを無料提案いたします。

まずは、お気軽にLINEもしくはお問い合わせフォームからご相談下さい。

▼アドバンスクリエイトLINE

友だち追加

▼お問い合わせフォーム
https://advancecreate2020.com/contact/

 

PAGE TOP