【飲食店】内装デザインを計画する際に押さえておきたい4つのポイント!

飲食店 内装 デザイン

飲食店の開業をする際に、どんな内装デザインにしたらよいか悩む方は少なくありません。飲食店の内装デザインは売り上げにも直結するため失敗を防ぐ必要があります。

この記事では、飲食店の内装デザインを計画する際に押さえておきたい4つのポイントを紹介します。また参考となるスタイルまで紹介するので、ぜひご覧ください。

飲食店の内装デザインで押さえておきたいポイントを4つ紹介

飲食店 内装 デザイン

飲食店の内装デザインを計画する際は、主に4つのポイントを押さえる必要があります。以下では、それぞれのポイントを詳しく解説してきます。

店舗のコンセプトに合った内装デザインにする

内装デザインで失敗しないためには、店舗のコンセプトに基づいて計画することがおすすめです。店舗で提供する料理やサービス、客層を明確にすることで、お店に合った内装デザインが実現しやすくなります。

たとえば家族で楽しめる飲食店にする場合に、薄暗いシックな空間よりも明るい雰囲気の方が好まれます。

一方で、大切な人と特別な空間を楽しむ飲食店にする際は、薄暗いシックな空間が最適です。このようにお店のコンセプトを明確にすることによって、お店に合った内装デザインに仕上げやすくなります

内装デザインは動線まで計画する

店舗の内装デザインでは、動線まで計画することが重要です。見た目にこだわりすぎてしまうと、動線の計画が不十分になることがあります。たとえ内装がおしゃれであっても動線が悪いため、窮屈で居心地の悪い空間になってしまうでしょう。

飲食店の動線を計画する際は、お客様とスタッフの2つの動線を考慮することが大切です。2つの動線を確保することで、ストレスのない快適な空間になります。

店舗の雰囲気に合った素材を取り入れる

店舗の内装デザインをおしゃれにするためには、雰囲気に合った素材を取り入れることも重要です。内装デザインとして活用できる素材は、以下の通りです。

・木
・石
・プラスチック
・布
・ガラス
・タイル

内装デザインにナチュラルな印象を与えたい場合は、木や石など天然素材を取り入れることがおすすめです。またプラスチックやタイルなどの人口素材は施工性に優れているので、デザインの幅が広がります。そのため質感にこだわりたい方は天然素材、デザイン性にこだわりたい方は人口素材から選ぶとよいでしょう。

店舗の空間に合った照明を選ぶ

店舗の内装デザインで欠かせないのが、照明選びです。特に照明の明るさや照明の色にこだわることで、店舗の雰囲気を大きく変えられます。

たとえば照明の明るさを薄暗くすることで、味のある雰囲気を演出できます。そのため高級感を演出したいお店や、ビンテージ感を演出したいお店におすすめです。

一方でファミレスや回転寿司などは、明るい照明を選ぶことで気軽に来店しやすい雰囲気を演出できます。

また飲食店では、電球色と昼白色がよく使用されます。特に電球色はオレンジ色に近いため、店内に暖かみや温もりを与えることができるでしょう。そのためカフェや少料理屋などによく使用されます。

一方で昼白色は、オレンジ色と青色の両方が備わっているので、料理が見やすくなります。そのため居酒屋に最適な電球色です。店舗のコンセプトによって最適な照明の明るさや色が異なるため、空間に合った照明選びが重要になります。

飲食店の内装デザインで参考となるスタイル

飲食店 内装 デザイン

飲食店の内装デザインで、参考となるスタイルはさまざまあります。以下では、よく使用されるスタイルをまとめてみました。

・和風スタイル
・洋風スタイル
・北欧風スタイル
・モダンスタイル
・カジュアルスタイル
・古民家風スタイル
・シンプルスタイル
・ナチュラルスタイル

スタイルによって賑やかな印象や、落ち着きのある雰囲気などさまざまです。そのためお店のコンセプトに合ったスタイル選びをします。またどんなスタイルがよいか悩む方は、同じ業態のお店を下調べしてみるとイメージがしやすくなります。

飲食店の内装デザインを依頼する業者の選び方

飲食店 内装 デザイン

内装デザインを成功するためには、業者選びも重要です。ここでは、自身に合った業者を選ぶために確認しておきたい内容をまとめてみました。

同じ業態の飲食店を手掛けた経験があるかどうか確認する

内装デザインを依頼する業者を選ぶ際は、同じ業態を手掛けた経験があるのか確認することが重要です。内装デザイン会社によっても、得意とする業態が異なります。

たとえば居酒屋の内装デザインを得意とする業者もいればレストランの内装デザインを得意とする業者も存在するのです。そのため同じ業態の飲食店を手掛けた経験が多い業者を選ぶことで、安心して任せられます。

同じ業態を手掛けた経験があるかどうかの確認は、業者のHPやこれまでの実績を見せてもらうとよいでしょう。内装デザイン会社のセンスや、これまで手掛けたお店の雰囲気を確認できます。

内装デザイン会社の提案力を確認する

内装デザイン会社の提案力も、確認すべきポイントです。内装デザイン会社によって、提案の内容やアイデアの量が異なります。そのため提案内容が自分のイメージに合ったものか、気に入ったアイデアがあるのかを確認しましょう。

また内装デザイン会社からの提案を確認する場合に、動線をどのように考えているのかも確認する必要があります。業態に理解があるデザイン会社ほど、動線に対する考えが細かく正確です。正確な動線を設計できることで利便性にも優れた内装デザインとなります。

飲食店の内装デザインは4つのポイントを押さえよう

飲食店の内装デザインを計画する際は、主に以下の4つのポイントがありました。

・店舗のコンセプトに合った内装デザイン
・内装デザインは動線まで計画する
・店舗の雰囲気に合った素材を取り入れる
・店舗の空間に合った照明を選ぶ

上記のポイントを押さえることで、自身のイメージに合った内装デザインに近づけます。また内装デザインがイメージできない方は、飲食店の内装デザインでよく使用されるスタイルを参考にするとよいでしょう。

またまたどんなスタイルがよいか悩む場合は、同じ業態のお店を下調べしてみるとよりイメージしやすくなるのでおすすめです。

「内装工事をもっと安くしたい」

「飲食店の内装を熟知している工務店に依頼したい」

とお悩みの飲食店様は、一度弊社アドバンスクリエイトまでご相談ください。
弊社では飲食店様の新装工事、リフォーム、デザイン実績から、現在抱えている飲食店様の店舗設備の悩みにお答えできます。

▼アドバンスクリエイト実績

【飲食店舗】新装工事や外壁塗装の実例をご紹介!

飲食店様の「なりたい店舗イメージ」に沿って設備やデザインを無料提案いたします。

まずは、お気軽にLINEもしくはお問い合わせフォームからご相談下さい。

▼アドバンスクリエイトLINE

友だち追加

▼お問い合わせフォーム
https://advancecreate2020.com/contact/

 

PAGE TOP