外壁塗装で起こる隣家とのトラブルとは?対処方法や予防まで解説

外壁塗装 トラブル

外壁塗装を行う際に、塗料が飛ぶことや騒音がうるさいことで隣家トラブルが起こりやすくなります。しかし隣家トラブルが起こった際にどのように対応したらよいかわからない方も少なくありません。

この記事では、外壁塗装で起こりやすいトラブルや対処方法まで解説します。またトラブルが起きないための予防方法まで紹介するので、ぜひ参考にしてください。

外壁塗装で起こりやすい隣家トラブル4選

外壁塗装で起こりやすい隣家トラブルは、さまざまあります。以下ではよく起こるトラブルを4つ紹介しましょう。

高圧洗浄の水や塗料が気になる

外壁塗装を行う前に、高圧洗浄機によって外壁の汚れを落とす作業があります。しかし洗い流した水が隣家に入ってしまうことで、トラブルに発展してしまうケースが多いです。

また塗料は液体なので、風が吹けば簡単に飛んでいきます。業者は塗料が飛ばないように養生するのですが、完全に防止できるわけではありません。隣家の外壁や車に塗料が飛んでしまうことで、弁償費用を請求されるケースもあります。

工事中の騒音が気になる

工事中の騒音がうるさいことでも、隣家トラブルでよくあるケースです。特に外壁塗装工事では、足場の組み立て及び解体や洗浄作業を行う際に、大きな音が出てしまいます。

これらの作業で発生する騒音は、窓を閉めた室内でも80~90dbもの大きな音が伝わると言われています。80~90dbの音は犬の鳴き声に近い大きさとなるため、隣家が我慢できずにトラブルに発展しやすくなるでしょう。

業者のマナーが悪い

塗装を依頼する業者のマナーが悪いと、隣家トラブルの原因となります。業者のマナーが悪いことで、隣家に迷惑をかけてしまう場合があります。たとえば怒鳴り声がうるさい業者は、騒音だけでなく隣家の気分も害してしまうでしょう。

また無許可で隣家に足場を建てるケースや、たばこの吸い殻をポイ捨てするケースもあります。他にも、作業車が道路を塞いでいるといったケースでもよくトラブルになります。

塗料の悪臭が気になる

外壁塗装で対策が難しいのが、悪臭問題です。近年は悪臭を抑えた塗料が増えていますが、未だに臭いの強い塗料は少なくありません。

また臭いには個人差があるため、自身が問題なくても隣家にとっては耐えられないケースがあります。隣家が臭いに敏感な人の場合は、トラブルに発展しやすくなるでしょう。

また有機溶剤を含む塗料を使用する場合は、注意が必要です。有機溶剤を含む塗料は、臭いが強いだけでなく、体調不良を引き起こす可能性もあります。たとえ臭いに敏感でない方でも、我慢できなくなる場合があるためできるだけ使用しないことをおすすめします。

外壁塗装で隣家トラブルが起こった際の対処方法は主に2つ

信頼できる工務店

隣家トラブルは、どれだけ対策しても起こってしまう可能性があります。そのためトラブルが起こった際の対処方法を理解しておくことが大切です。ここでは、主な2つの対処方法を紹介します。

まずは業者に相談する

隣家トラブルが発生した場合は、まず業者に相談しましょう。特に以下の苦情である場合は、業者の責任となります。

・高圧洗浄の水や塗料が気になる
・工事中の騒音が気になる
・業者のマナーが悪い
・塗料の悪臭が気になる

上記の苦情によって賠償金が発生する場合は、ほとんどのケースで業者が対応してくれます。賠償金の支払いも行ってくれるため、トラブルが起きた際はすぐに業者へ連絡しましょう。

専門家に相談する

隣家トラブルが発生した際にほとんどの業者が対応してくれますが、中には対応してくれない業者も存在します。業者が対応してくれない場合は、以下の専門家に相談しましょう。

・公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター
・国民生活センター
・弁護士

特におすすめの機関は、公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターです。公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターには、建築士や弁護士などの専門家が在籍しているため、専門的なアドバイスが受けられます。

国民生活センターでは、リフォーム以外のクーリングオフの相談が可能です。ただし専門家は在籍していないため、一般的な範囲のアドバイスになります。

また弁護士に相談することも可能ですが、相談料が発生してしまいます。そのためまずは公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターに相談して解決しない場合に検討してみてください。

トラブルを回避するための予防方法は主に2つ

隣家トラブルを回避するための予防方法は、いくつかあります。以下に、主な2つの方法を紹介します。

近所に挨拶回りをする

隣家トラブルを回避するためには、工事前に挨拶回りすることがおすすめです。挨拶回りする際は、工事の日程を伝えることや粗品を渡すことで近隣から理解してもらいやすくなります。

特に足場を組む日程や高圧洗浄する日程を伝えておくことで、騒音トラブルを回避するのに効果的です。一般的には業者が挨拶回りを行ってくれるのですが、お客様も一緒に同行することでより理解してもらいやすくなるでしょう。

隣家トラブルに配慮してくれる業者を選ぶ

隣家トラブルを防ぐためには、優良企業に依頼することが重要です。優良企業に依頼できれば、お客様だけでなく隣家への配慮も丁寧に行ってくれます。またマナーや騒音、悪臭に対しても気を遣ってくれる可能性が高いでしょう。

しかしどのように優良企業を探したらよいか悩みますよね。優良企業かどうか見極める方法は以下のポイントをチェックしてみてください。

・営業マンではなく、現場担当者の対応が良い
・隣家への挨拶を丁寧に行ってくれる
・見積書の内容が細かく記載されている
・トラブルが起こった際の保証を説明してくれる

上記のポイントを満たす業者は、優良企業の可能性が高いです。

 

弊社アドバンスクリエイトでは、

「住む人の夢を叶える、住まいづくり。」を理念においた、地域密着型の会社です。近畿圏内のリフォームは全力でお手伝いします。

✔知識が少ない営業マンではなく、職人が見て、しっかり見積もりを行ってほしい。
✔リーズナブル価格で希望したい。

そんな方は、是非一度弊社に問い合わせ下さい。
まずは、お気軽にLINEもしくはお問い合わせフォームからご相談下さい。

▼アドバンスクリエイトLINE

友だち追加

▼お問い合わせフォーム
https://advancecreate2020.com/contact/

 

PAGE TOP