外壁塗装に最適な時期とは?塗装が必要となる劣化や再塗装のメリットを解説

外壁塗装 頻度 劣化

新築を建ててから時間が経ったことで、外壁塗装を検討する方が増えてきます。
しかしどの時期に塗装すればよいかわからずに、工事に踏み切れない方は少なくありません。

この記事では、外壁塗装に最適な時期を解説します。
また塗装が必要となる劣化や再塗装を行うメリットなども紹介するので、ぜひ参考にしてください。

外壁塗装の適切な頻度は10~15年

外壁塗装 頻度 劣化

外壁塗装の適切な頻度は、10年~15年に一度行うのが最適です。なぜなら外壁用の塗料は、耐用年数が10~15年になるケースが多いからです。

たとえば外壁塗料には主に、以下の5つの塗料材が使用されます。

塗料 耐用年数
アクリル塗料 約3〜8年
ウレタン塗料 約5〜10年
シリコン塗料 約10〜15年
ラジカル塗料 約12〜15年
フッ素塗料 約15〜20年

アクリル塗料のみ耐用年数が10年以下ですが、それ以外の塗料は耐用年数が10年以上となっています。そのため10年前後を目安に塗装するとよいでしょう。

ただし塗料の劣化は、地域の気候や立地などの環境によって異なります。住まいの条件によっては10年も満たずに再塗装が必要となるケースもあります。

耐用年数はあくまで目安となるので、より適切なタイミングを知りたい方は、一度工務店に相談してみるとよいでしょう。

外壁塗装の頻度は劣化状態によっても影響する

外壁塗装 頻度 劣化

外壁塗装が必要なタイミングは、耐用年数の他に劣化状態も影響してきます。ここでは、代表的な劣化となるチョーキング現象・ひび割れ・カビや藻の発生の3つを解説します。

チョーキング現象

チョーキング現象とは、外壁の表面から白い粉が吹き出る現象のことです。塗料には着色するための「顔料」と外壁を保護するための「合成樹脂」が含まれています。

しかし長年紫外線の影響を受けることによって、合成樹脂が分解されてしまいます。すると顔料がむき出しになってしまうため、チョーキング現象が起こってしまうのです。

チョーキング現象が起こると、風や雨の影響によって塗膜が剥がれやすくなります。塗膜が剥がれることで、外壁を保護する機能が低下してしまいます。

そのため外壁を保護する機能を取り戻すためにも、再塗装する必要があるのです。チョーキング現象が起こった際は、塗装のタイミングといえます。

ひび割れ

外壁にひび割れが発生している場合も、外壁塗装を検討すべきタイミングです。外壁のひび割れが発生した際は、雨水が内部に侵入するリスクがたかくなります。内部に侵入してしまうと大規模な工事が必要となってしまうため、早めに対処する必要があります。

ちなみに外壁のひび割れの原因は、塗装の不具合以外にも外壁材の劣化や自然災害などのケースも考えられるでしょう。塗装以外が原因となる場合は、外壁の塗装だけでなく修理工事まで必要となります。

カビや藻の発生

外壁塗装には、カビや藻が発生しないように防水機能が備わっています。

しかしカビや藻が目立つようになった場合は、塗膜の防水性能や耐久性能が低下した証拠です。そのため新たに外壁塗装を行って防水性能や耐久性能を回復する必要があります。

カビや藻が目立つと美観が損なわれますし、衛生的にもよくありません。長い期間そのままにしておくと頑固な汚れとなってしまうため早めに対処することをおすすめします。

外壁塗装を定期的に行う必要性とは

外壁塗装 頻度 劣化

外壁塗装を定期的に行う理由は、外壁材の劣化を予防するためです。

外壁塗装は、外壁材の保護を目的に塗装しています。塗装が劣化する前に再塗装することによって、常に外壁を守ることができ、結果的に外壁材の寿命を伸ばすことに繋がっているのです。

そのため外壁塗装の頻度は、外壁材の寿命に直接かかわってきます。
長く外壁材を使用するためにも、定期的な塗装が必要となるのです。

外壁塗装を定期的に行うメリット

外壁塗装 頻度 劣化

外壁塗装を定期的に行うことで、さまざまなメリットが得られます。

以下では、補修費用を抑えられることや塗装が必要なタイミングがわかるようになる点について解説します。

補修費用を抑えられる

外壁塗装を定期的に行う最大のメリットは、補修費用を抑えられることです。当然外壁塗装を行わない建物は劣化の進行も早く、高い補修費用がかかってしまいます。

とくに塗装材の劣化だけでなく、外壁材本体にまで影響が及んでいる場合は部材の補修工事が必要で、さらに高額な費用がかかってしまうでしょう。

しかし定期的に外壁塗装を行った建物は、劣化の進行が遅く、補修費用を抑えることが可能です。また外壁材の補修工事を行わずに済むので、補修費用を抑えられるということになります。

塗装が必要なタイミングがわかる

定期的に外壁塗装を行うことで、塗装が必要なタイミングがわかるようになります。定期的に外壁塗装を行えば、塗料材の耐用年数を理解できるようにもなります。

次の塗装に向けて費用の準備ができるようになるため、あわてて費用を用意する心配がありません。外壁塗装の費用は高額となりますが、事前に意識して準備できれば負担も少なくなります。

アドバンスクリエイト 堀北

弊社アドバンスクリエイトでは、

「住む人の夢を叶える、住まいづくり。」を理念においた、地域密着型の会社です。

✔知識が少ない営業マンではなく、職人が見て、しっかり見積もりを行ってほしい。

✔リーズナブル価格で希望したい。

そんな方は、是非一度弊社に問い合わせ下さい。
まずは、お気軽にLINEもしくはお問い合わせフォームからご相談下さい。

▼アドバンスクリエイトLINE

友だち追加

▼お問い合わせフォーム
https://advancecreate2020.com/contact/

PAGE TOP