スケルトン物件で居酒屋を開業する際に必要な費用とは?

居酒屋 スケルトン 費用

居酒屋をスケルトン物件で開業する場合に、どのぐらいの費用がかかるのか気になりますよね?

この記事では、居酒屋をスケルトン物件で開業する際にかかる費用相場を紹介します。

またスケルトン工事の内訳やメリットなども解説するので、ぜひ参考にしてください。

居酒屋をスケルトン物件で開業する際にかかる費用相場

居酒屋 スケルトン 費用

居酒屋をスケルトン物件で開業する際にかかる費用は、坪単価30万~50万円が相場です。

仮に25坪の物件をスケルトン工事する場合は、総額750万~1,250万円の費用がかかります。

居酒屋は他の業態に比べて水回りの設備や、厨房設備費用がかかるためスケルトン工事にかかる費用が高額になる傾向があります。

また内装デザインにこだわりたい場合は、さらに費用が膨れてしまうでしょう。

そのため工事の内容によっては、費用相場よりも高くなるケースも想定しておく必要があります。

居酒屋のスケルトン工事の内訳

居酒屋をスケルトン物件で開業する際にかかる費用の内訳は、以下の通りです。

  • デザイン設計費用
  • 設計管理費用
  • 内装工事費用
  • 厨房設備費用

デザイン設計費用とは、居酒屋をどのような内装デザインにするのか設計するための費用です。

内装工務店に依頼する場合と、デザイン設計を専門とした工務店に依頼する場合の2通りがあります。

設計管理費用については、デザイン設計通りに工事を進めるための管理費用となります。

内装工事費用は、設計した内装デザインを実現するための工事にかかる費用です。

仮設工事や大工工事、水道工事や電気工事なども含まれます。

また居酒屋の場合は内装工事だけでなく、厨房費用もかかります。

厨房設備費用は、シンク台・手洗い器・食器洗浄機などの設備費用です。

ほかにも冷凍冷蔵庫やガスコンロ、電子レンジやオーブンなどさまざまな設備を用意する必要があります。

そのため、居酒屋を開業する際にかかる費用の大部分を占めています。

スケルトン物件と居抜き物件の違い

居酒屋 スケルトン 費用

居酒屋を開業するための物件選びをする際に、スケルトン物件か居抜き物件かで悩む方は少なくありません。

以下では、スケルトン物件と居抜き物件の特徴について詳しく解説していきます。

スケルトン物件

スケルトン物件とは、建物の骨組みだけを残した状態の物件のことです。

もともとあった設備や内装をすべて取り外した状態の物件になるため、ゼロから店舗設計することができます。

デザイン設計の自由度が広がるため、理想の空間デザインに仕上げることが可能です。

また設備環境も、一から整えることができます。

居抜き物件

一方で居抜き物件とは、これまで使用していたテナントの状態がそのまま残った物件となります。

残った内装や厨房設備をそのまま使用できるため、工事費用を抑えることが可能です。

ただし居抜き物件は、理想の空間デザインに仕上げるのが難しくなります。

また中古の厨房設備となるため、故障のリスクもあります。

費用がかかっても理想のお店を実現したい方は、スケルトン物件が最適と言えますね。

居酒屋をスケルトン物件で開業するメリット

居酒屋 スケルトン 費用

スケルトン物件を選ぶメリットは、理想の空間デザインに仕上げられるだけではありません。

以下では、スケルトン物件を選ぶ2つのメリットを紹介します。

これまで使用していたお店のイメージを変えられる

スケルトン物件で開業する場合は、これまで使用していたお店のイメージをガラッと変えることが可能です。

居抜き物件はこれまで使用していた内装や設備が残るため、以前まで使用していたお店のイメージが残ってしまいます。

しかしスケルトン工事は、大幅に店内のイメージを変えられるのでこれまで使用していたお店のイメージが残ってしまう心配がありません。

お客様から新しいお店として、認識してもらえるようになるでしょう。

設備トラブルのリスクを抑えられる

居酒屋をスケルトン物件で開業するメリットは、設備トラブルのリスクを抑えられることです。

スケルトン物件は居抜き物件のように既存の設備を使わずに、新しく設備を揃える必要があります。

これまで使用した設備を使わずに済むため、故障のリスクを抑えることが可能です。

また設備の使い方がわからないといった設備トラブルも抑えられます。

さまざまな設備トラブルを抑えることができるので、安心して営業することができるでしょう。

スケルトン物件を選ぶ際の注意点

 

居酒屋 スケルトン 費用

スケルトン物件を選ぶ際は、いくつか注意点があります。

ここでは、2つの注意点を解説しましょう。

物件によって状態が異なる

スケルトン物件を選ぶ際は、物件によって状態が異なるので注意が必要です。

たとえばスケルトン物件によっては、壁を残したままの状態の場合やすべての壁や内装を解体した状態などがあります。

物件によって状態が変わってくるため、物件を検討する際は必ず現地で立ち会うことが大切です。

ローンが組めない

内装工事を行う際は、ローンが組めないので注意しましょう。

スケルトン工事などの内装工事は新築工事のようなローンがないため、現金払いする必要があります。

しかしスケルトン工事となると高額な費用が必要となるので、全額現金で用意するのは難しいと言えます。

全額現金で用意するのが難しい場合は、ローンではなく融資を受ける必要があります。

融資を受ける場合は、日本政策金融公庫や金融機関から融資を受けるのがオススメです。

 

「スケルトン工事をもっと安くしたい」

「飲食店の内装を熟知している工務店に依頼したい」

とお悩みの飲食店様は、一度弊社アドバンスクリエイトまでご相談ください。
弊社では飲食店様の新装工事、リフォーム、デザイン実績から、現在抱えている飲食店様の店舗設備の悩みにお答えできます。

▼アドバンスクリエイト実績

【飲食店舗】新装工事や外壁塗装の実例をご紹介!

飲食店様の「なりたい店舗イメージ」に沿って設備やデザインを無料提案いたします。

まずは、お気軽にLINEもしくはお問い合わせフォームからご相談下さい。

▼アドバンスクリエイトLINE

友だち追加

▼お問い合わせフォーム
https://advancecreate2020.com/contact/

 

PAGE TOP