外壁塗装前は近隣挨拶すべき?近隣挨拶の重要性やマナーまで解説

外壁塗装と近隣挨拶

外壁塗装を行う際に、近隣挨拶をすべきか悩みますよね。この記事では、外壁塗装前に近隣挨拶すべきかどうかについて解説します。また外壁塗装による近隣への影響や近隣挨拶のマナーまで紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

外壁塗装を行う際は工事前に近隣挨拶するのが基本

外壁塗装を行う際は、事前に近隣挨拶をしましょう。なぜなら事前に挨拶をしておくことで、近隣トラブルの発生を防げるからです。

たとえば外壁塗装工事行うと、足場を組む際に大きな音が発生してしまいます。事前に挨拶もせず急な工事音に悩まされると、近隣住民の不満も大きくなってしまうでしょう。

また外壁塗装の際は、塗料が飛散しないか心配にもなります。そのため事前に近隣挨拶を行い、しっかりと工事内容を伝えることで近隣住民からの理解を得られます。近隣住民とのトラブルを防ぐためにも、外壁塗装工事前は必ず近隣挨拶を行いましょう。

外壁塗装を行う際に近隣へ与える影響

外壁塗装を行う際は、近隣住民にさまざまな影響を与えてしまいます。ここでは、外壁塗装によって想定される近隣住民への影響について紹介しましょう。

外壁塗装と近隣挨拶

工事中の騒音

外壁塗装を行うと、必ず騒音が発生してしまいます。たとえば足場を設置する際に、金属板を金づちで叩きながら固定するため大きな音が発生してしまいます。足場工事に時間がかかる場合は、長時間大きな音が鳴り続けてしまうのです。

また高圧洗浄を行う際も、高圧洗浄機の音が大きく響いてしまいます。足場の組み立てや高圧洗浄の作業はともに一日かけて行われる作業となるため、平日に行うなどの工夫が必要です。

塗料のシンナー臭

外壁塗装で使用する塗料には、シンナー臭が発生してしまいます。特に油性塗料の場合はシンナー臭が強く、人によっては大きなストレスとなってしまうでしょう。

水性塗料を使うことで塗料の臭いを抑えることはできますが、それでも多少臭いは発生してしまいます。塗料の臭いは、基本的に乾燥するまで発生します。そのため塗料の作業日については、近隣挨拶の際に説明しておくのがオススメです。

外壁塗装と近隣挨拶

作業車の出入り

外壁塗装を行う際は、さまざまな荷物を運ぶ必要があります。作業車は近所へ駐車することになるため、当然近隣住民には迷惑がかかります。

道路が狭く運転しづらくなることや、作業車のエンジン音がうるさいなどの影響が出てしまうでしょう。また作業車は大型のものが多く、安全面にも不安があります。

水や塗料が飛び散る

外壁塗装は、水や塗料が飛び散る可能性もあります。外壁塗装業者は、念のため建物全体に飛散防止ネットを張って養生しますが100%防げるわけではありません。

飛んでしまった水や塗料が近隣住民の外壁や車などに飛散してしまえば、大きなトラブルに発展してしまう可能性が高いです。水や塗料が飛散しないように、近隣住民には車の移動やカーカバーをつけるなどの対策をお願いする場合があります。

外壁塗装を行う際の近隣挨拶のマナー

近隣挨拶を行う際は、マナーを守る必要があります。以下で紹介するマナーを守って、近隣住民から理解を得られるように努めましょう。

近隣挨拶は工事の1週間前が基本

外壁塗装の近隣挨拶は、工事の1週間前に行いましょう。せっかく近隣挨拶をしても、すぐ工事に入るとなると近隣住民から良く思われません。近隣住民にも準備が必要ですから、1週間前に挨拶に行くのが基本です。

また足場の解体日が決まった際も、再度挨拶するのがオススメです足場の解体工事は騒音や搬出車の出入りなど、近隣住民に迷惑をかけてしまいます。近隣住民に理解してもらうためにも、3日前に挨拶するとよいでしょう。

挨拶は両隣と向かい及び裏

近隣挨拶は、両隣と向かい及び裏の住民に挨拶するのが一般的です。水や塗料の飛散が予想される範囲に、挨拶するのが理想となります。

ただし工事中に迷惑をかけてしまう場所は、できる限り挨拶するのがオススメです。たとえば搬入車が出入りすることで、道のつきあたり住んでいる住民に迷惑をかける可能性があります。そういったケースでは、たとえ自宅から離れていても挨拶が必要となるでしょう。

粗品を用意しておくと尚良し

塗装工事の挨拶は、一般的に粗品を持っていきます。迷惑をかけてしまうことを前提に挨拶することになるので、誠意ある対応を見せるためにも粗品を準備することが大切です。

ちなみに粗品については、塗装業者が用意をしてくれるケースがほとんどで、自社のロゴが入ったタオルや洗剤などを選ぶことが多いようです。逆にあまりにも豪華すぎるとかえって負担となるため、手軽なものが多い傾向にあります。

外壁塗装を行う際の近隣挨拶で伝えておくべきこと

外壁塗装と近隣挨拶

近隣挨拶は基本的に、外壁塗装業者が行ってくれます。しかし業者と一緒に挨拶回りすることで、近隣住民からの理解が得やすくなります。また業者が近隣挨拶をしっかりと行ってくれたかどうかも確認することができるでしょう。そこで一般的に外壁業者が近隣挨拶の際に伝えている内容は、以下の通りです。

・工事期間
・施工業者の連絡先
・工事の内容(工期・時間・土日祝の作業有無)

ちなみに業者と別々で挨拶する場合は、曖昧な返答をしないように注意しましょう。業者との意思疎通がとれずに間違った話をしてしまうと、後々トラブルに発展しないかねません。答えられない質問に対しては、「詳しい内容は業者が来て説明してくれます」と説明するのがオススメですよ。

PAGE TOP