屋根の葺き替え工事で火災保険を利用するには?火災保険の対象や注意点まで解説

屋根の葺き替えと火災保険

屋根の葺き替え工事を検討する際に、工事費を抑えたいと考えている方は少なくありません。工事費を抑えたい方は、火災保険のご利用を検討してみてはいかがでしょうか。
この記事では、火災保険の対象について解説しています。また火災保険が受けられないケースや受ける際の注意点まで解説しているので、ぜひ参考にしてください。

屋根の葺き替え工事は火災保険の対象になることがある

屋根の葺き替えと火災保険

屋根の葺き替え工事が必要な際に、少しでも安く工事ができたら嬉しいですよね。屋根の葺き替え工事が必要な理由によっては、火災保険を適用できる場合があります。
火災保険が適用されれば、工事費用に充てることで通常よりも安く工事を行うことが可能です。ちなみに火災保険の対象は、自然災害によって被害を受けたかどうかで決まることがほとんどです。以下では、代表的な自然災害を紹介していきます。

風災による被害を受けた場合

風災による被害を受けた場合に、火災保険の対象となります。たとえば台風による暴風によって屋根材が吹き飛んでしまった場合に、屋根の修繕費として火災保険が補償してくれます。他にも風に飛ばされた飛来物によって屋根に穴が開いてしまったケースでも火災保険の対象です。

ひょう災による被害を受けた場合

ひょうによる被害で屋根の修理が必要な場合も、火災保険の対象となります。たとえば金属屋根がひょうでへこんでしまった場合は、火災保険が受けられます。他にも、ひょうによってスレート屋根に穴が開いてしまったケースでも火災保険の対象です。

雪災による被害を受けた場合

雪による被害も、火災保険の対象です。とくに雪が降る地域では屋根上に雪が溜まるため、かなりの重量となります。屋根材が重量に耐え切れずに、波板の破損や軒先の歪みを起こす可能性があります。このように雪による被害で屋根の修理が必要なケースでも、火災保険を受けることが可能でしょう。

屋根の葺き替え工事で火災保険が利用できないケース

自然災害による被害で屋根の修理が必要な場合に、火災保険が受けられます。しかし、たとえ自然災害による被害であっても火災保険が利用できないケースもあるので注意が必要です。ここでは、火災保険が利用できないケースを紹介しましょう。

屋根の葺き替えと火災保険

申請期間が過ぎている

火災保険が定めた申請期間を過ぎてしまっている場合は、火災保険を利用できないので注意しましょう。火災保険は保険法第95条によって、保険の請求権を被災してから3年と定めています。
そのため3年以上経過してから申請しても請求権が消失してしまっているため、当然火災保険を受けることができなくなるのです。火災保険を利用したい方は、被災してから3年以内に申請する必要があります。ちなみに申請前に自費で工事を行っていても、3年以内であれば工事後に火災保険の申請を行うことが可能です。

経年劣化によって屋根の葺き替え工事を行う

屋根材の経年劣化によって屋根の葺き替え工事を行う場合は、火災保険が受けられないので注意が必要です。火災保険は自然災害のような想定外の場合に用意される保険となります。
そのため、確実に必要となる経年劣化による屋根材の修繕は火災保険の対象外となります。経年劣化によって屋根材の葺き替えを行う場合は、実費となるので注意しましょう。

免責金額以下の工事は請求できない

屋根の葺き替え工事費用が免責金額以下の場合に、保険の請求ができないので注意しましょう。たとえば火災保険を契約する際に、免責金額と呼ばれるものが記載されています。
一般的に20万円程度で設定されていることが多く、免責金額以下の補修工事は火災保険が請求できなくなります。ただし火災保険のプランによっては金額が異なるため事前に確認しておくことが大切です。

屋根の葺き替え工事で火災保険を受ける際の注意点

屋根の葺き替え工事を利用する際は、いくつか注意すべき点があります。以下に屋根の葺き替え工事はあくまで原状復旧であることと、火災保険を必ず受け取れるわけではないことを解説します。

屋根の葺き替えと火災保険

屋根の葺き替え工事はあくまで原状復旧

火災保険の対象は、あくまで原状復旧です。葺き替える屋根材のグレードをアップさせる場合は、原状復旧に該当しないので火災保険を受け取れません。また被害箇所以外の工事を含める場合でも、火災保険が下りることはないでしょう。そのため火災保険を利用したい場合は、あくまで元通りに修理するための工事であることを理解する必要があります。

火災保険は必ず受け取れるわけではない

何度も説明していますが、火災保険は必ず受け取れるわけではないので注意しましょう。とくに業者によっては「必ず火災保険が受け取れます」と営業する業者も存在します。
たとえ業者であっても、必ず火災保険が下りることはありません。必ず火災保険が受けられると説明する業者は、悪徳業者の可能性が極めて高いと言えます。そのため火災保険の利用を検討している方は、複数の業者に相談するのがおすすめです。

PAGE TOP