リフォーム関連

お風呂リフォームで快適なバスタイムへ!ユニットバスの費用とメリット

「快適なバスタイムに憧れる・・・」

「もっとリラックスできるお風呂がほしい」

など、悩んでいませんか。

あなたの願望、実現が可能です。

じつは、お風呂リフォームすることは、単なる日々の生活改善だけでなく、省エネ、節水、安全性向上といったさまざまなメリットをもたらします。

この記事では、

「どのリフォーム方法を選べばいいの?」

「費用はどれくらいを見込むべき?」

「適切なリフォーム会社はどう選べばいいの?」

そんな疑問や不安を解消し、リフォームをスムーズに進める具体的なポイントを解説します。

▼この記事でわかること

  • お風呂のリフォームの種類と費用
  • ユニットバスと在来工法の違いと特徴
  • 失敗しないリフォーム会社の選び方

この記事を読むと、あなたの理想とするバスタイムに一歩ずつ近づきます。

ぜひ、ストレスフリーな生活を手に入れる第一歩を踏み出しましょう。

 

お風呂リフォームの種類と費用

まず、お風呂をリフォームするには、どのようなリフォームの種類があるのか、またどの程度費用がかかるのか、あらかじめ知る必要があります。

お風呂のリフォームは大きく分けて3つあります。

  1. 浴槽や水栓などの部分的な交換
  2. 在来工法のお風呂からユニットバスへの交換
  3. ユニットバスから新しいユニットバスへの交換

あなたのリフォームがどれに該当するか、まず確かめましょう。

リフォーム内容と大まかな費用をまとめました。

 

▼リフォーム内容と費用相場

リフォーム内容 費用相場
浴槽や水栓などの部分的な交換(一部の設備が古くなった場合や、低予算での改善を希望する人向け) 10万円~50万円
在来工法のお風呂からユニットバスへの交換 60万円~120万円
ユニットバスから新しいユニットバスへの交換 56万円~130万円

費用は、選ぶ商品や工事内容によって変わりますが、一般的には在来工法からユニットバスへの交換が最も高額になります。

理由は次から詳しく見ていきましょう。

 

在来工法とユニットバスの違いを解説

在来工法とユニットバスでは、構造や特徴が異なります。

それぞれの違いを以下にまとめました。

▼在来工法の特徴

  • 現場で一つひとつ材料を組み合わせて作るため、自由度が高い
  • バリアフリー化がしやすい
  • タイルやコンクリートなどを使うため、重量が重く耐震性が低い
  • 水漏れやカビなどのトラブルが起きやすい
  • 清掃やメンテナンスの手間がかかる
  • リフォーム時に解体や下地補修が必要になることが多い

 

▼ユニットバスの特徴

  • 一体化したパーツを工事現場で組み立てるため、工期が短くなる
  • FRP(ガラス繊維強化プラスチック)などを使うため、軽量で耐震性が高い
  • 水漏れやカビなどのトラブルが起きにくい
  • 清掃やメンテナンスが簡単にできる
  • リフォーム時に既存のユニットバスと同じサイズのものを選べば、工事が容易になる
  • デザインの自由度が低く、こだわりのお風呂は作りにくい

 

FRPとは
Fiber Reinforced Plastics(繊維強化プラスチック)の略で、強化繊維(ガラス繊維・カーボン繊維など)と樹脂(不飽和ポリエステル樹脂・ビニルエステル樹脂・エポキシ樹脂など)を組み合わせたものです。FRPは、強度や耐食性、耐水性、電気的特性などに優れた軽量で加工性の高い材料として、船舶や航空機、自動車、建築材料などさまざまな分野で利用されています。

 

時間がかかっても、こだわりのお風呂にリフォームしたい方は在来工法を、メンテナンスが簡単にでき、費用を安く抑えたい方はユニットバスを選ぶと良いでしょう。

どちらを選ぶかは、あなた次第です。

 

在来工法とユニットバスの気になる費用相場は

お風呂リフォームする際に、在来工法とユニットバスでは費用に大きな差があります。

一般的には、在来工法はユニットバスよりも高くなるでしょう。

しかし、具体的な金額は家の状況やリフォーム内容によって変わりますので、注意が必要です。

参考までに、平均的な費用相場を表にまとめました。

 

リフォーム種類 費用相場(税込)
在来工法 200万円~400万円
ユニットバス 100万円~300万円

この表からわかるように、在来工法はユニットバスよりも約2倍~3倍高くなります。

 

では、具体的な費用の内訳はどうなっているのでしょうか。

在来工法とユニットバスの費用の内訳を比較してみましょう。

 

項目 在来工法 ユニットバス
商品代内訳(浴槽・壁・床・天井・ドア・水栓・換気扇など) 約100万円 約50万円
施工費内訳(解体・配管・電気・土間・木工・タイル張りなど) 約200万円 約50万円
オプション工事内訳(脱衣所や洗面所のリフォームなど) 約50万円 約50万円
合計 約350万円 約150万円

参考資料:LIXILのリフォーム事例

このように、在来工法では商品代と施工費がユニットバスよりも高くなります。

特に施工費は在来工法では細かい作業が多くなるため、高額になりやすいですね。

オプション工事は在来工法でもユニットバスでも同じくらいの費用がかかります。

しかし、在来工法では自分好みのお風呂にできるというメリットがありますし、ユニットバスではコストを抑えられるというメリットがあります。

どちらを選ぶかは、自分の予算や希望に合わせて決めましょう。

 

在来工法とユニットバスの工事期間は

在来工法とユニットバスの工事期間は費用と同様に、工事期間にも在来工法とユニットバスでは大きな差があります。

一般的には、在来工法はユニットバスよりも長くなるでしょう。

特徴のところでも説明しましたが、現場で一つひとつを組み合わせて作るよりも、工場である程度組み立ててある商品をはめ込む方が早いためです。

手作りカレーとレトルトカレーのような感じに考えると、わかりやすいかもしれません。

ただし、具体的な日数は家の状況やリフォーム内容によって変わりますので、注意が必要です。

たとえば、築年数が古い家では配管の交換が必要になる場合があり、それに伴った費用がかかります。

事前に詳細な見積もりをリフォーム会社に直接依頼しておくといいでしょう。

 

参考までに、以下に平均的な工事期間を表にまとめました。

リフォーム種類 工事期間
在来工法 2週間~4週間
ユニットバス 3日~5日

この表からわかるように、在来工法はユニットバスよりも約10倍以上期間が長くかかります。

しかし、在来工法では細かい部分までこだわれるというメリットがあります。

逆にユニットバスでは早く終わらせられるというメリットがありますね。

手作りのカレーはとてもおいしく、こだわりもつめ込めます。

ですが、レトルトカレーは手軽で味のクオリティーも高いですよね。

これまで説明した通り、在来工法は自由なデザインが可能ですが、費用がかさむ傾向があります。

一方、ユニットバスはコストパフォーマンスに優れていますが、デザインの自由度が制限されます。

それぞれの特性を理解した上で、あなたのライフスタイルや予算に応じた最適な選択しましょう。

 

在来工法とユニットバスの工事工程を解説

在来工法とユニットバスの具体的な工事工程はどうなっているのでしょうか。

ここでは、Panasonicのリフォーム工事工程を参考にして、在来工法とユニットバスの工事の工程を比較してみましょう。

在来工法とユニットバスの工程を比較するために、以下のような表を作成しました。

工程 在来工法 ユニットバス
養生(作業スペースの保護)
解体 (既存設備の撤去)
配管・電気
土間・木工
タイル張り
商品搬入・組み立てて
商品設置
オプション工事
完了・説明

参考資料:Panasonicリフォーム工事工程紹介

※〇はその工程が適用されることを示しています。

この表から、在来工法とユニットバスが共通する工程と、特有の工程がわかりますね。

在来工法ではタイル張りと商品設置が特有の工程であり、ユニットバスでは商品搬入・組立てが特有の工程です。

在来工法はユニットバスに比べ、タイル張りなどの作業が多くなるため、工事期間が長くなる傾向があります。

 

オプション工事の重要性を解説

お風呂リフォームでは、浴室だけでなく、脱衣所や洗面所などのオプション工事も考える必要があります。

なぜなら、お風呂リフォームだけでは、快適なバスタイムを実現できないためです。

例えば、浴室が奇麗になっても、脱衣所が狭く暗いと、着替えるのが嫌になりますよね。

また、洗面所が古く汚れていると、歯磨きや洗顔する際もいい気分にはなれません。

お風呂のリフォームして、きれいで快適になったのですから、全体的なバランスを考えてリフォームしてみると、もっと快適に使用できますよ。

そこで、お風呂リフォームと同時に、脱衣所や洗面所のリフォームも行うことをおすすめします。

それぞれに必要なオプション工事とかかる費用の目安は以下の通りです。

 

▼脱衣所と洗面所における各リフォーム項目のコスト目安

リフォーム項目 脱衣所 洗面所
床材や壁材の張り替え 約10万円~20万円 約10万円~20万円
照明や換気扇の交換 約5万円~10万円 約5万円~10万円
洗濯機置き場や収納棚の設置 約10万円~20万円
ドアや窓の交換 約10万円~20万円
洗面台や鏡の交換 約10万円~30万円
蛇口や排水管の交換 約5万円~10万円
合計 約35万円~70万円 約30万円~70万

参考資料:LIXILリフォーム事例

このように、脱衣所や洗面所のオプション工事はそれぞれ約30万円~70万円程度かかるでしょう。

これらはあくまで目安のため、実際には家の状況やリフォーム内容によって変わります。

オプション工事をすることで、費用はもちろんかかりますが、あなたが目指す快適なバスタイムへより近づくのではないでしょうか。

ぜひ、予算が許す範囲でオプション工事も検討してみてください。

 

【お風呂リフォーム】デメリットとメリットを解説

お風呂のリフォームは気分もよくなり、快適な空間を作れますが、デメリットもあるため工事に取り掛かる前にしっかり理解しておきましょう。

 

デメリット

  • 高額な費用がかかる
  • 工事期間は浴室を使用できない
  • 工事期間が延びる可能性もある
  • スペースの確保が難しく、気に入ったリフォームができない可能性もある

などが、考えられます。

予算や工事期間を計画する際は、余裕を持って考えておくと、予期せぬトラブルにも対応できますよ。

また、利用が可能なスペースについては事前にしっかりと打ち合わせし、理想的なリフォームが可能かチェックしておきましょう。

 

メリット

  • 光熱費が下がる可能性がある
  • 断熱性が高くなり、ヒートショック対策になる
  • お手入れが簡単になる
  • 新しいお風呂で気分が上がる

などが、あげられます。

最新の給湯器などに変えると、省エネになり光熱費の節約になりますね。

また、タイルなども抗菌仕様にするとお手入れもしやすくなり、清潔な空間を保てます。

なんといっても新しいお風呂は、あなたの気分を上げて、日々の疲れをいやし、ストレスフリーな生活に導いてくれるでしょう。

 

【お風呂リフォーム】マンションや団地などの制限や注意点を解説

マンションや団地に住んでいると、お風呂のリフォームには制限があると思っていませんか。

じつは、最近の技術や商品の進化によって、マンションや団地でも快適で美しいお風呂にリフォームできるようになりました。

既存のスペースに合わせてカスタマイズが可能なユニットバスや、薄型でコンパクトな給湯器などが代表例です。

しかし、一戸建てとは違って、マンションや団地のお風呂リフォームには注意点もあります。

ここからは、マンションや団地のお風呂リフォームで気をつけるべき制限や注意点を詳しく見ていきましょう。

 

マンションや団地のお風呂リフォームで気をつけるべき制限

まず、マンションや団地のお風呂リフォームで気をつけるべき制限について見ていきましょう。

一般的に、マンションや団地では以下のような制限があります。

  • お風呂の広さや位置を変えられない
    排水管が階下の天井裏を通っていたり、排水管に十分な勾配がとれなかったりするためです。
  • 管理組合や管理会社に事前に申請や連絡する必要がある
    工事中の騒音やごみなどで近隣住民に迷惑をかけないようにするためです。
  • 配管図面や管理規約をチェックして、給湯器の交換や排気ダクトの変更が可能かどうかチェックする必要がある
    マンション全体の安全性や機能性を保つためです。
  • 外壁に穴をあけて、窓をつけたり、バルコニーに近づけたりできない
    マンション全体の外観や強度を損なわないようにするためです。

これらの制限は、マンションや団地の構造上や管理上の理由から決められています。

リフォームの際は、事前に管理会社詳しく打ち合わせすると、不意のトラブルを防げるでしょう。

つぎに、マンションや団地のお風呂リフォームで気をつけるべき注意点について紹介します。

 

マンションや団地のお風呂リフォームで気をつけるべき注意点

つぎに、マンションや団地のお風呂リフォームで気をつけるべき注意点について、見ていきましょう。

一般的に、マンションや団地のお風呂リフォームでは以下のような注意点が考えられます。

  • 追加費用がかかる場合がある
    工事を始めてから予想より傷みが激しかったり、配管や給湯器の交換が必要だったりするためです。
  • 防水加工は必ず行う
    水漏れやカビを防ぐためです。
  • 信頼できるリフォーム会社を選ぶ
    技術や費用、アフターサービスなどに差があるためです。

これらの注意点を事前にチェックしておきましょう。

以上の注意点を押さえれば、快適で美しいお風呂にリフォームできますよ。

 

【お風呂リフォーム】リフォーム会社選び方

お風呂リフォームするとき、どの会社に依頼するかはとても重要となってきます。

なぜならリフォーム会社によって、技術や費用、サービスなどに大きな差があるためです。

また、悪徳業者にだまされてしまう可能性も考えなくてはなりません。

ここからは、お風呂リフォームの会社選びのポイントや注意点を解説します。

あなたも失敗しないお風呂リフォームの会社選びをしましょう。

 

お風呂リフォームの会社選びのポイント

お風呂リフォームの会社選びのポイントは以下の通りです。

  • 適正な価格か判断する
  • 施工実績を確認する
  • 対応や提案力は十分かチェックする
  • 会社や担当者との相性は良いか確かめる
  • アフターサービスや保証はあるか確認する

それぞれのポイントについて、詳しく見ていきましょう。

 

適正な価格か判断する

お風呂リフォームの費用は、リフォームする内容や規模、会社によって異なります。

一般的に、お風呂リフォームの費用相場は以下を参考にしてください。

リフォーム内容 費用相場
ユニットバス(システムバス)交換 100万円~150万円
在来工法からユニットバス(システムバス)へ変更 150万円~200万円
在来工法から在来工法へ変更 200万円~300万円

この表はあくまで目安です。

実際には、お風呂のサイズやグレード、オプションの有無、給湯器の交換の有無、現状の浴室の状態などによって費用は変わります。

また、リフォーム会社によっても見積額は異なります。

そのため、複数のリフォーム会社から見積もりを取って比較することが大切です。

見積もりを比較するときは、単純に金額だけでなく、以下の点にも注意しましょう。

  • 工事内容や仕様が同じかどうか
  • 工事費や材料費が明細化されているかどうか
  • 追加費用やオプション費用が発生しないかどうか
  • 消費税や廃材処分費などが含まれているかどうか

また、見積もりが相場よりも安すぎる場合は要注意です。

安すぎる見積もりには以下のようなリスクがあります。

  • 材料や工事が粗悪な可能性がある
  • 後から追加費用を請求される可能性がある
  • アフターサービスや保証がない可能性がある

適正な価格かどうかを判断するには、見積もりだけでなく、会社の信頼性や評判も調べることが必要です。

具体的な価格を判断するには、同じ規模と内容のリフォームをした他の会社の見積もりを比較してみると参考になるでしょう。

 

施工実績を確認する

お風呂リフォームの会社選びのポイントのひとつは、施工実績を確認することです。

施工実績とは、会社が過去に行ったリフォームの事例や写真、口コミなどのことです。

施工実績を確認することで、以下のようなメリットがあります。

  • 会社の技術力や品質を判断できる
  • 自分の希望に合ったリフォームができるかどうかチェックできる
  • リフォームのイメージや参考になる事例が見つかる

施工実績は、会社のホームページやカタログ、ショールームなどで見られます。

また、口コミサイトやSNSなどでも、実際にリフォームした人の感想や写真を見られますね。

ただし、口コミやSNSは個人の主観や感情が入っている場合もあるため、あくまで参考程度にしましょう。

施工実績を確認するときは、以下の点にも注意してください。

  • 施工実績が新しいか
  • 施工実績が多いか
  • 施工実績が自分の家と似ているか

以上のポイントを押さえ、しっかり事前にチェックしましょう。

 

対応力や提案力が十分かチェックする

リフォーム会社の対応や提案力が十分かどうかを判断することです。

対応や提案力とは、会社や担当者が以下のような対応してくれるかチェックしましょう。

  • 親切で丁寧に対応してくれる
  • 自分の希望や予算に合わせて最適なプランを提案してくれる
  • 疑問や不安に答えてくれる
  • アフターサービスや保証について説明してくれる

対応や提案力は、見積もり依頼や打ち合わせなどで直接会って話すことで判断できるでしょう。

また、電話やメールなどでも、返信の速さや内容などで対応力を感じられます。

対応や提案力が十分であれば、リフォーム中やリフォーム後も安心して任せられますね。

対応や提案力を判断するときは、以下の点にも注意しましょう。

  • 押し売りや無理な勧誘しないかどうか
  • 見積もり内容や契約内容をしっかり説明してくれるかどうか
  • 他社と比較した場合に不利な点を隠さずに教えてくれるかどうか

対応力や提案力は非常に重要ですが、わかりにくい所でもあります。

例えば、無料のリフォーム相談や見積もり依頼を利用して、会社や担当者の対応や提案力をチェックできます。

この際、親切で丁寧に対応してくれるか、自分の希望や予算に合わせて最適なプランを提案してくれるか、疑問や不安に答えてくれるかなどをチェックしましょう。

上記のポイントを参考にチェックしてみてください。

 

リフォーム会社や担当者と相性がよいか確かめる

お風呂リフォームの会社選びのポイントのひとつは、会社や担当者との相性が良いかどうかを確かめることです。

相性が良いとは、以下の点を考えてみてください。

  • 信頼できる
  • 仲良くできる
  • 気持ちが通じる

相性が良ければ、リフォーム中やリフォーム後もスムーズにコミュニケーションが取れます。

また、トラブルやクレームが発生した場合でも、円満に解決できる可能性が高いでしょう。

反対に、相性が悪ければ、リフォーム中やリフォーム後もストレスや不満がたまります。

また、トラブルやクレームが発生した場合でも、対立や言い争いに発展する可能性が高まりますね。

相性を確かめる方法は、見積もり依頼や打ち合わせなどで直接会って話すことです。

また、電話やメールなどでも、話し方や態度などで相性を感じられるでしょう。

相性を確かめるときは、以下の点にも注意してください。

  • 誠実さや信用度をチェックする
  • 自分の希望や意見を尊重してくれるかどうか
  • マナーや礼儀を守っているかどうか

人とひと、との付き合いです。

できれば、気持ちよく取引したいですね。

相性がいまいちだな、っと感じた時は、担当を変えてもらうか、別の会社に依頼しましょう。

あなたの選択が後悔しないために、上記のポイントを参考にしてみてください。

 

アフターサービスや保証があるか確認する

お風呂リフォームの会社を選ぶ際に、最重要ポイントのひとつとなる項目は、アフターサービスや保証があるかを確認することです。

アフターサービスとは、リフォーム後に行われるメンテナンスや点検、修理などを指します。

保証とは、リフォーム後に発生した不具合や故障に対して責任を負ってくれる期間や内容のことです

アフターサービスや保証があれば、以下のようなメリットがあります。

  • リフォーム後も安心して暮らせる
  • 万が一のトラブルに対応してもらえる
  • リフォームの品質や耐久性に対する自社の自信をチェックできる

アフターサービスや保証を確認する方法は、見積もり依頼や打ち合わせなどで直接聞きましょう。

また、契約書や保証書などに記載されている場合もあります。

アフターサービスや保証をチェックするときは、以下の点にも注意しましょう。

  • アフターサービスや保証の期間や内容は明確かどうか
  • アフターサービスや保証に追加費用がかからないかどうか
  • アフターサービスや保証に条件や制限がないかどうか

リフォーム後も、しっかりとフォローしてもらえる会社を選ぶと、あなたも安心してリフォームできますね。

ぜひ、この項目のチェックは見逃さないようにしましょう。

 

リフォーム会社選びの注意点

お風呂リフォームの会社選びでは、上記のポイントに加えて、以下の注意点も押さえておきましょう。

  • 悪徳業者に騙されない
  • 一括見積もりサイトを利用する
  • 口コミや評判を参考にする

それぞれの注意点について、詳しく見ていきましょう。

 

悪徳業者にだまされない

お風呂リフォームの会社選びで最も注意すべきことは、悪徳業者にだまされないことです。

悪徳業者とは、以下のようなことをする業者のことです。

  • 適切な理由がないのに不当に高い見積もりや追加費用を請求する
  • 質の低い材料を使用したり、技術的に問題のある工事する
  • アフターサービスや保証が提供されていない
  • 契約書や領収書を発行しない

悪徳業者にだまされないためには、以下のような対策を取りましょう。

  • 見積もりや契約書は必ず書面で受け取る
  • 見積もりや契約書はよく読んで内容を確認する
  • 見積もりや契約書に不明点や疑問点があれば、必ず質問する
  • 押し売りや無理な勧誘には断固として断る
  • 複数のリフォーム会社から見積もりを取って比較する

 

一括見積もりサイトを利用する

お風呂リフォームの会社選びで便利なツールが、一括見積もりサイトです。

一括見積もりサイトとは、インターネット上で自分の希望や条件を入力すると、複数のリフォーム会社から見積もりが届くサービスのことです。

一括見積もりサイトを利用することで、以下のようなメリットがあります。

  • 手間や時間がかからない
  • 費用や内容を簡単に比較できる
  • 信頼できるリフォーム会社が紹介される

一括見積もりサイトを利用するときは、以下の点にも注意しましょう。

  • 一括見積もりサイト自体が信頼できるかどうか確認する
  • 入力した情報は正確かどうか確認する
  • 見積もりが届いたら必ず連絡する

あなたが行うリフォームの相場をチェックできますね。

地元の会社と比較するのも、有効な活用方法です。

 

口コミや評判を参考にする

お風呂リフォームの会社選びでは、口コミや評判も参考にしましょう。

口コミや評判とは、実際にリフォームした人の感想や評価のことです。

口コミや評判を参考にすると、以下のようなメリットがあります。

  • 会社の信頼性や実力を知れる
  • 自分の希望に合った会社を見つけられる
  • リフォーム後の満足度や不満点を知れる

口コミや評判は、インターネット上の口コミサイトから見られます。

実際に利用した人がいれば、直接聞けると参考になりますね。

ですが、すべてを信じるのは危険です。

あなたが、信用できる情報を選択しましょう。

最終的には、ご自身で判断することが大切です。

多くの情報を集め、真実を見抜く目を養いましょう。

きっと、快適でストレスフリーなバスタイムがあなたを待っています。

 

【お風呂リフォーム】見積もりのポイントを解説

お風呂をリフォームするとき、見積もりはとても大切です。

▼お風呂リフォーム見積もりポイント

  • 複数のリフォーム会社から見積もりを取る
  • 見積もりは必ず書面で受け取る
  • 見積もりはよく読んで内容を確認する
  • 見積もりに不明点や疑問点があれば、必ず質問する

見積もりは、リフォームの費用や内容を知るためのもので、正確な見積もりがなければ、予算が足りなくなるリスクや、あなたの期待と違ったリフォームになる可能性があります。

あなたも失敗しないお風呂リフォームの見積もりを取りましょう。

それぞれのポイントについて、詳しく見ていきます。

 

複数のリフォーム会社から見積もりを取る

お風呂リフォームの見積もりを取るときは、複数のリフォーム会社から見積もりを取ることが大切です。

複数のリフォーム会社から見積もりを取ることで、以下のようなメリットがあります。

  • 費用や内容を簡単に比較できる
  • 適正な価格かどうか判断できる
  • 信頼できるリフォーム会社が見つけられる

複数のリフォーム会社から見積もりを取る方法は、インターネット上で自分の希望や条件を入力すると、複数のリフォーム会社から見積もりが届く一括見積もりサイトを利用すると便利です。

一括見積もりサイトを利用すれば、手間や時間がかからずに簡単に見積もりが取れます。

 

見積もりは必ず書面で受け取る

お風呂リフォームの見積もりは必ず書面で受け取りましょう。

書面で受け取ることで、以下のようなメリットがあります。

  • 工事内容や仕様をチェックできる
  • 工事費や材料費をチェックできる
  • 追加費用やオプション費用が発生しないかチェックできる
  • 消費税や廃材処分費などがチェックできる

書面で見積もりを受け取らないと、口頭での約束や暗黙の了解のみで進められてしまうリスクがあります。

例えば

  • 工事内容が変わっていた
  • 工事費や材料費が高くなっていた
  • 追加費用やオプション費用が発生していた
  • 消費税や廃材処分費などが含まれていなかった

などの可能性があります。

トラブルを避けるためにも、見積もりは必ず書面で受け取りましょう。

 

見積もりはよく読んで内容を確認する

お風呂リフォームの見積もりはよく読んで内容を確認することが大切です。

見積もりには、以下のような内容が記載されています。

  • 工事内容や仕様
  • 工事費や材料費
  • 追加費用やオプション費用
  • 消費税や廃材処分費
  • 工期や支払い方法
  • アフターサービスや保証

見積もりをよく読んで内容を確認すると、以下のようなメリットがあります。

  • 自分の希望や予算にあっているかチェックできる
  • 不必要な工事やオプションをなくせる
  • 他社との比較がしやすくなる

意外に重要なことは小さく書かれていたりするため、手間はかかりますが、あなたを守るためしっかり読み込みましょう。

 

見積もりに不明点や疑問点があれば、必ず質問する

お風呂リフォームの見積もりに不明点や疑問点があれば、必ず質問することが大切です。

質問することで、以下のようなメリットがあります。

  • 納得のいくリフォームになる
  • トラブルを防げる
  • 信頼関係を築ける

質問するときは、以下の点にも注意しましょう。

  • 質問は書面で残す
  • 質問は具体的にする
  • 質問は早めにする

質問は恥ずかしいことではありません。

あなたは、初めての経験のため、分からなくて当然です。

お風呂のリフォームに失敗しないため、分からないことを放置し、計画を進めないようにしましょう。

まだ、「不安…」だなって感じているあなたへ

困ったときは、当社「株式会社アドバンスクリエイト」に一度ご相談ください。

その理由をつぎから、解説します。

 

お風呂リフォームするなら

【株式会社アドバンスクリエイト】へ

リフォームは非常に大きなお金がかかる、人生のイベントでもあります。

そんな人生のイベントを失敗したくありませんよね…

そんなあなたはぜひ、当社「株式会社アドバンスクリエイト」へご相談ください。

正直、リフォーム業界のイメージは良くないとのウワサもチラホラ耳にします。

ですが、当社「株式会社アドバンスクリエイト」はそんな業界のイメージを全く感じさせることがないように、リフォームを考えているあなたとつぎの約束を徹底します。

 

  1. 清掃、養生の徹底
  2. 報告、連絡、相談
  3. 手抜き工事の撤廃

 

上記の3点をお約束し、最高のパフォーマンスであなたの期待に応えます。

 

施工までの流れ

では、実際に施工の流れを簡単に解説します。

  1. お問合せ
    まず、リフォームを考えているのであれば、どんなささいなことでも構いません。
    お気軽にお問合せ頂ければ、当社スタッフが丁寧に対応いたします。
  2. 現場調査
    実際の現場を拝見し、各分野のスペシャリストがあなたのご要望を伺いながら提案させて頂きます。
  3. プランの打ち合わせとお見積りを提出
    あなたからお伺いしたイメージをもとに、最適なプランをご用意いたします。

    じつは、ここまでの工程はすべて無料です。
    ぜひ、ご気軽にご相談をお待ちしています。

    その後
  4. ご契約
  5. 近隣の方へご挨拶
  6. 工事着工
  7. 工事完了、お引渡し

の流れです。

もちろん、完了して終わりではありません。

しっかりとしたアフターサービスも充実させています。

ぜひ、一度ご相談ください。

\無料で相談してみる/

 

まとめ

今回は、お風呂のリフォームについてユニットバスと在来工法の違い、費用について解説しました。

あなたの快適なバスタイムが実現できるように、もう一度振り返りましょう。

▼お風呂のリフォーム種類は3つ

  1. 浴槽や水栓などの部分的な交換
  2. 在来工法のお風呂からユニットバスへの交換
  3. ユニットバスから新しいユニットバスへの交換

▼リフォーム内容と費用相場

リフォーム内容 費用相場
浴槽や水栓などの部分的な交換(一部の設備が古くなった場合や、低予算での改善を希望する人向け) 10万円~50万円
在来工法のお風呂からユニットバスへの交換 60万円~120万円
ユニットバスから新しいユニットバスへの交換 56万円~130万円

▼在来工法の特徴

  • 現場で一つひとつ材料を組み合わせて作るため、自由度が高い
  • バリアフリー化がしやすい
  • タイルやコンクリートなどを使うため、重量が重く耐震性が低い
  • 水漏れやカビなどのトラブルが起きやすい
  • 清掃やメンテナンスが手間がかかる
  • リフォーム時に解体や下地補修が必要になることが多い

 

▼ユニットバスの特徴

  • 一体化したパーツを工事現場で組み立てるため、工期が短くなる
  • FRP(ガラス繊維強化プラスチック)などを使うため、軽量で耐震性が高い
  • 水漏れやカビなどのトラブルが起きにくい
  • 清掃やメンテナンスが簡単にできる
  • リフォーム時に既存のユニットバスと同じサイズのものを選べば、工事が容易になる
  • デザインの自由度が低く、こだわりのお風呂は作りにくい

 

▼リフォームの期間

リフォーム種類 工事期間
在来工法 2週間~4週間
ユニットバス 3日~5日

 

▼脱衣所と洗面所における各リフォーム項目のコスト目安

リフォーム項目 脱衣所 洗面所
床材や壁材の張り替え 約10万円~20万円 約10万円~20万円
照明や換気扇の交換 約5万円~10万円 約5万円~10万円
洗濯機置き場や収納棚の設置 約10万円~20万円
ドアや窓の交換 約10万円~20万円
洗面台や鏡の交換 約10万円~30万円
蛇口や排水管の交換 約5万円~10万円
合計 約35万円~70万円 約30万円~70万

 

▼お風呂のリフォームのデメリット

  • 高額な費用がかかる
  • 工事期間は浴室を使用できない
  • 工事期間が延びる可能性もある
  • スペースの確保が難しく、気に入ったリフォームができない可能性もある

▼お風呂のリフォームのメリット

  • 光熱費が下がる可能性がある
  • 断熱性が高くなり、ヒートショック対策になる
  • お手入れが簡単になる
  • 新しいお風呂で気分が上がる

 

▼お風呂リフォームの会社選びのポイント

  • 適正な価格か判断する
  • 施工実績を確認する
  • 対応や提案力は十分か
  • 会社や担当者との相性は良いか
  • アフターサービスや保証はあるか

以上、簡単にポイントをまとめました。

最後に工務店選びに迷ったときや、お風呂のリフォームについて相談したいことがあれば、ぜひ当社にご相談ください。

当社「株式会社アドバンスクリエイト」は、あなたの理想とするお風呂のリフォーム実現のため、しっかりと寄りそわせていただきます。

あなただけの快適なバスタイムを手にいれて、ストレスフリーな日々を送りましょう。

あなたのチャレンジを応援しています。

\無料で相談してみる/

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP